お金についてのブログ

日常生活においてお金を節約する、お得を得るなどについて書いてみます。

SuicaにはSuica利用で貯まるSuicaポイントがあったのですが、
確かそれがJREポイントに変更になったのですよね。

昨年末からその案内が頻繁にされていたようで、
移行はたぶんスムーズに進んでいるのではないでしょうか。

日ごろからSuicaを使っている人は
Suicaポイントはたまりやすいものでしょうから、
それが変わるなら一大事です。

JR西日本のポイントは、どうなのでしょうね。

東日本に住んでする私には分からないのですが
西日本の乗降に使う電子マネーというと確かICOCAがあったと思いますが、
そのICOCAでポイントが貯まるようになるみたいです。

ということはこれまでは
ICOCA利用で貯まるポイント制度はなかったということなのか…?

これからポイントが貯まっていくなら、
使い続けることにも意味があるし、
ますます利用率が上がって生きそうですね。

--------------------------------------------------------------------------

JR西日本(西日本旅客鉄道)は8月9日、ICカード乗車券「ICOCA」の利用に応じてポイントが貯まる「ICOCAポイント」サービスを10月1日から開始することを発表した。

 ICOCAポイントは列車の利用で貯まる「時間帯指定ポイント」「利用回数ポイント」と、買い物で貯まる「電子マネーポイント」の3種類があり、貯まったポイントは「1ポイント=1円」で換算しチャージすることで、列車や買い物に使うことができる。

(トラベル Watchー  2018年8月10日)
-----------------------------------------------------------------------

野外でフェスは日焼けするし疲れるのですが、
フェスで音楽に囲まれながら、ゴハンを食べたり、
グッズを選んだりするのはたのしいものです。

以前であれば支払いに不安がないように
たくさん現金を用意しなくてはならなかったですが、
クレジットカードの対応は、できているのでしょうか?

クレジットカードは携帯の利用端末があって、
わりと早くから対応をうたっていたような気がしますね。

電子マネーのほうが遅かったかも・・

ロックインジャパンフェスで、
今年は電子マネー利用がはじまったようです。

限りなく手ぶらになって助かるし、
会場内での電子マネー利用はどんどん促進してほしいです。

将来的には、
指紋や顔認証とクレジットカード情報が結びつく形で登録され、
決済が指紋スキャンや顔認証で行えるとなれば
こういうフェスなんかではかなり便利でいいですよね。

--------------------------------------------------------------------------

既に公式サイトでアナウンスをしておりますが、
COUNTDOWN JAPAN、JAPAN JAM、まんパクに続き、ついにROCK IN JAPAN FESTIVALでも会場内で電子マネーが使えます!
RIJFは会場が野外かつ広大で、電子マネー端末の必要数もCDJを軽く上回るため、インフラとして実現させるためにはCDJやJJでの運営実績を積み上げる必要がありました。

(rockinon.comー  2018年7月28日)
-----------------------------------------------------------------------

フィギュア型の電子マネーには
いろいろ種類があるようで、ちょっとたのしいですね。

今度のセブンとタイトーのコラボ企画では、
セカイノオワリのメンバーが、
フィギュアになっている電子マネーだそうです。

ICチップを内蔵しているのでかざすと利用できるのだとか。

フィギュア型の特徴は、
そのキャラクターを愛せるので、
同じ感じで電子マネーにも愛着がわく、
とい仕組みですよね。

ファンの方に、
このフィギュアが当たり前になっていくのかも。

--------------------------------------------------------------------------

タイトーとセブンネットショッピングは、バンド「SEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)」のメンバー「DJ LOVE」さんが題材の、アーティストでは初だというフィギュア型電子マネー「nanaco フィギュア SEKAI NO OWARI DJ LOVE」の予約受付を、2018年7月18日17時から始める。

(BIGLOBEニュースー  2018年7月17日)
-----------------------------------------------------------------------

山手線エリアのマクドナルドで、
朝の通勤時差を付ける試みを考慮して、
マクドナルドとSuicaのキャンペーンがあるようです。

サイズアップしたドリンクが飲めるクーポンの配布と、
それをSuicaで利用しようというキャンペーンが主な試みのようですね。

山手線内では通勤途中でマクドナルドの
なにかを朝ごはんとして買う人も多そうです。

それをいつもの交通系電子マネーを使って利用して、
ちょっとだけいいことがある、というのは、
手軽にお得が楽しめるのでいい企画かもしれないですね。

ただ、個人的には、
飲み物のサイズアップはあまり興味ないというか
ありがたみがないというか、
私は大きいサイズの飲み物だと飲みきれなくて捨ててしまうことが多いんですよね。

なので、何か違うキャンペーン内容だとうれしいかも、
という感想をもったのでした。

--------------------------------------------------------------------------

「夏の早起き応援キャンペーン」の一環として、日本マクドナルド株式会社とタイアップし、「山手線エリア内限定!朝早起きしてマクドナルドでSuicaを使おう!キャンペーン」を実施中です。
 マクドナルドでのお支払いはSuica電子マネーが便利です。本キャンペーンでは、山手線エリア内のマクドナルド店舗でご利用いただける、対象の朝マックのコンビのドリンクSサイズが無料でサイズアップできるクーポンを配布しております。

(産経ニュースー  2018年7月11日)
-----------------------------------------------------------------------

役所などの公的機関で、
電子マネーやクレジット決済ができるのはうれしいですよね。

わたしの地元では行っているのでしょうか・・

Yahoo!の公金支払いを使った決済はあるようですが、
確か、手数料がかかるのでいまひとつ使う気になれていません。

武雄市役所では、電子マネーの導入がされたそうで、
住民票などで払うお金を電子マネー決済できるそうです。

300円あまりの決済が日常的にたくさんあるでしょうから、
たぶんあの忙しい業務の中での小銭管理など、大変だと思うのですよね・・

それを考えると、役所窓口への電子マネー導入は喜ばしいと思います。

使える電子マネーの種類が多いのもいいですね。
流通系も交通系の電子マネーも使えますし、
来月からはクイックペイも使えるようになるそうです。

クイックペイが使えると
アップルペイ利用者の人たちも使えますよね。
(iDも対応してほしいところですが)

もし私の地元の役所で導入したら、
私はよろこんで利用すると思います。

--------------------------------------------------------------------------

武雄市役所は2日住民票などの発行にかかる手数料を電子マネーで支払える専用機器を県内の市町で初めて導入しました。利用者はカードや携帯電話を読み取り機にかざして支払い、市は業務の迅速化や釣銭の支払いミス防止に期待しています。nanaco(ナナコ)やWAON(ワオン)などの電子マネーの他、交通系のSuica(スイカ)やSUGOCA(スゴカ)など13種類が使え、来月からはQUICPay(クイックペイ)も利用できます。

(サガテレビー  2018年7月3日)
-----------------------------------------------------------------------

飛行機に乗ることがまずないので、
マイルを貯めるという気持ちにはなったことがないです。

ANAでは、ANAカード、
JALではJALカードと、
航空会社が出しているカードはちゃんとあって、
ほかにもマイルがたまるカードはあっても、
やはり、マイルが貯まることを考えれば、
空港会社が発行しているクレジットカードをもつのがいちばん確実なようですね。

少しずつ優遇されて貯まるマイルを、
ある程度貯まったら、無料航空券に替えて・・
というのが理想的な使い方なのでしょう。

知り合いの企業の社長さんがいて、
その方はそういう使い方をしていると話していましたし。

私の場合は基本として、
いちばん安い手段を選ぶと飛行機が入ってこないので、
マイルを貯めて無料航空券をゲットするというのは
盲点だったのかもしれません。

--------------------------------------------------------------------------

ANAでは「ANAカード」、JALでは「JALカード」のふたつが日本国内における代表的な航空会社が発行するクレジットカード。ANAカード・JALカード共にVISA、マスター、JCB、AMEX、ダイナースなど国際クレジットカードブランドとの提携カードとして発行されている。

基本的には、航空会社発行のクレジットカードを使うと100円利用毎に1マイル、もしくは、200円利用毎に1マイルが積算される。

(ウーマンエキサイトー  2018年6月18日)
-----------------------------------------------------------------------

イオンカード、かなり人気があるクレジットカードなんですよね。

イオンのクレジットカードということで、
やはり主婦の方で持っている人は多いです。

我が家からもイオンは近くて、
少なくとも一週間に一度は買い物へ行きますし、
買い物の時の支払いは電子マネーのWAONです。

レジで並んでみていると、
WAONかイオンカードで支払っている割合は50%を超えている感じです。

WAONかイオンカードで支払うとポイントがもらえまいし、
割引クーポンをときどきもらえまいし、
毎月の5%割引きデーなど、
何かとお得なのでWAONカードかイオンカードを作る人は多いですよね。

イオンカードには種類が何種類もあるのですが、
やはり人気No1は電子マネーのWAONが搭載されている
「イオンカード(WAON一体型)」ということを聞いたことがあります。

一枚のカードで
クレジットカード決済とWAON決済を使い分けられるのが便利ですからね。

そのイオンカード(WAON一体型)のお得な点についてなど
詳しく紹介されているのが【イオンカード(WAON一体型)」の作り方・申し込み方法】というサイトです。

申し込み時の必要書類のアップの仕方や受取人確認配達サービスの受け取り方から、
WAONチャージの仕方、WAONポイントとときめきポイントの違いや交換の仕方など、
このサイトでイオンカード(WAON一体型)についてほぼ分かる作りになっていますので、
これからイオンカードを作ろうと思っている方は参考にされるといいです。

ちなみに、オリコンの顧客満足度ランキングの
クレジットカード部門で1位の「楽天カード」に次いで
2位が「イオンカード」です。

やはり、持っていてお得なカードが人気なんですね。


電子マネーを利用するいちばんのメリットは、
やはりポイントバックだと思います。

ポイント還元がお得な時を狙うと、
いつもよりも早くポイントが貯まるので、
けっこうお得な気持ちになりますね。

月に5万円を電子マネーで支払う、
というのは私の場合も現実的な数字なので、
興味はあります。

月5万円を12ヶ月、
電子マネーで払うとすれば、年6000円。

1年間で考えれば、
こつこつと小さくても積み重なるものですよね。

公共料金もそれで支払った方がいいのか、
手数料がかかったりするので、毎回迷うところですが・・

--------------------------------------------------------------------------

電子マネーを使って支払いができるものが、いろいろあるのではないでしょうか。日々のお買物のほか、公共料金の支払いにも使えることを考えると、月5万円を電子マネーで支払うと仮定してみましょう。

すると、還元率1%の電子マネーなら、

5万円×1%×12カ月=6000円

となります。

さらに、リサイクルでためたり、ポイントアップキャンペーンを利用したりすればもっとためることができます。電子マネーのポイントは、電子マネーにチャージして現金同様に使えることが大きなメリット。

(ウーマンエキサイトー  2018年6月18日)
-----------------------------------------------------------------------

銀座ルノアールは、何度か利用していますが、
落ち着ける喫茶室という感じですよね。

応対はけっこうドライで、
ビジネス利用の方がたくさんいたように思います。

なので、電子マネーの導入は進んでいそうなイメージなのですが、
実はそうでもないようで、ちょっと意外でした。

今回、クレジットカードによる決済ができるようになって、
また楽天Edy以外の電子マネーも使えるようになるそうです。

首都圏でビジネス利用が多いと、
まずはSuicaが使えた方がたぶんいいと思うので、
そこは整備されて、よかったですね。

今回の大幅なクレジットカードと電子マネー決済の導入は
日本人客ばかりではなくインバウンドのお客さんの支払いも
便利にしようということなのかも。

ほどどの日本の電子マネーに対応しているのはもちろん、
クレジットカードもほぼ全てのブランドが対応しているようです。

--------------------------------------------------------------------------

銀座ルノアールは、ジェーシービー(JCB)、トヨタファイナンス、三井住友カードと連携し、銀座ルノアールの店舗において、2018年6月12日より順次、クレジットカードによる決済サービスを開始するとともに、電子マネー決済サービスの取り扱いを拡大すると発表した。

これまで銀座ルノアールの店舗では、電子マネー「楽天Edy」を利用できたが、今回、JCB・(JCB PREMOも含む)、American Express、ダイナース、ディスカバー、Mastercardの各クレジットカードブランド、QUICPay+、iD、WAON、nanaco、Suicaなどの交通系電子マネーを導入する。

(ペイメントナビ(payment navi)ー  2018年6月12日)
-----------------------------------------------------------------------

ルミネカード、新宿に行くといつも案内をもらいますが、
わたしは持っていません。

私は地方に住んでいるので
ルミネカードを持っていたとしても
たまに首都圏にいくときしかメリットがないので
持つ意味がないというか・・

でも、ルミネtheよしもとで
割引を受けられるとは知りませんでした。

劇場窓口でカードを提示すると、
チケット料金の割引が受けられるのだとか。

同伴者も対象というところがいいですよね。

他にも優待サービスが利用できるものがあるそうですから、
よしもと好きな人には何気にお得なのかも。

首都圏ではSuicaを使って電車に乗っている人も多いですし、
ルミネカードはSuica機能が付いているし、
定期券情報も書き込める機能があります。

それに、Suicaへチャージもできて
ポイントも高い還元率で貯まります。

よしもとが好きという方は、
Suicaチャージ用やSuica利用のために
ルミネカードを作ってみてもいいかもですね。

--------------------------------------------------------------------------

「ルミネカード」は東京・新宿の「ルミネtheよしもと」で割引を受けられる。劇場窓口で同カードを提示すると、通常前売り4,200円・当日4,700円の「週末特別公演・祝日特別公演」のチケットが、どちらも3,700円。通常前売り2,700円・当日3,200円の「夜公演」のチケットは2,400円となる。ともに会員本人+同伴者の計2名まで利用可能だ。

さらに、同カードの会員のみ登録できる優待サービス「LUMINE STYLE」では、なんばグランド花月、よしもと祇園花月、よしもと幕張イオンモール劇場でも割引を受けられる(劇場および公演により割引内容は異なる)。

(マイナビニュースー  2018年6月7日)
-----------------------------------------------------------------------

わたしはよくネットショッピングをするので、
楽天カードやセブン系で買う場合はセブンカードプラスなど、
やはり流通系とかのカードの方が使いやすいと思っていました。

ポイントを貯めるためには、
いろいろなことにカードを利用する必要がありますが、
趣味がレジャー系の人は、
レジャー系のカードを別途持っておくのも良さそうです。

シネマイレージカードセブンというカードは流通系ではありますが、
TOHOシネマズで映画を6本みると、
1本無料で映画を見られるとか、
特別な感覚があるような気もします。

映画を有料でみたときは、
1分あたり1マイルがたまるという珍しい特典があるとのこと。

あまり使い分けるのもちょっとと思いますが、
このくらいならポイントを貯めるのには便利かも。

そういえば、イオンカードは
イオンシネマの入場料金をカードで払えば
300円だったか割引きになりますよね。

--------------------------------------------------------------------------

次に「レジャー系」。趣味は映画という人にオススメなのが「シネマイレージカードセゾン」です。TOHOシネマズで映画を6本観ると、好きな映画を1本無料で観ることができます。

また、映画を有料でみると、本編上映時間1分あたり1マイルが貯まり、貯まったマイルは、ポップコーンやドリンク、オリジナルグッズなどと交換可能。さらに、シネマイレージカードを持っていると、毎週火曜日は、「シネマイレージデイ」となり、一般価格1800円から1400円の優待価格で観ることができます。

(MONEY PLUSー  2018年5月24日)
-----------------------------------------------------------------------

「被災地」と聞くと、東日本大震災のことが頭にめぐります。
もう7年以上たつのに、まだまだ復興していない、現状があります。

他にも、なにげなく報道されるのですが、
海外でも大きな災害が起きていますよね。

南米などで地震・津波が起きると、
日本でも無縁ではなく、報道がされるのですが、
それを支援したくても、有効ですぐできる手段が限られています。

クレジットカードのサイトなど見るとわかるのですが、
「寄付をする」「義援金として支払う」などのメニューがある会社も多いです。

わたしは、年に2度ほどですが、
端数とかを入れるようにしています。

本当に微々たるものですが、
ポイントをそのように使うのもおすすめです。

特に、ある程度のポイント数が貯まらないと使えないクレジットカードで、
その必要なポイント数になっていなくて、
ポイント有効期限もきれそうな場合なんかは、
こういう寄付や義援金として使ってしまうのが良いかもしれませんね。

どうせポイント有効期限が切れて失効するなら、
有意義に使うのもいいですよね。

--------------------------------------------------------------------------

たまったポイントを被災地への義援金などとして寄付するサービスがあるのをご存じでしょうか。クレジットカード会社や航空会社などが期間限定か通年で寄付を募っています。ポイントは買い物に使うだけでなく社会に役立てることも可能になっています。

 寄付する際はクレカなどの会員サイトで「寄付」や「チャリティー」といったポイント利用先を選びます。国連の世界食糧計画(WFP)や難民高等弁務官事務所(UNHCR)、日本ユニセフ協会、日本赤十字社など特定の団体を指定することも可能です。

(日本経済新聞ー  2018年5月16日)
-----------------------------------------------------------------------

以前は、クレジットカードの話題といえば、
ポイント還元率の高さや、
ポイントを交換するレートなどだったように思いますが、
現在はさまざまな要因があって、
ポイント還元率は下落しがちです。

法律とかも変わったのでしょうか?

わかりませんが、ある時期に、
それまでは競うようにポイント還元率をネタに、
いろいろなキャンペーンなどを行っていたカードも、
やり方を方向転換したように思います。

なので今は、どちらかといえば
カードを使うことでの割引に目が行く場合もありますね。

クレジットカードを使うことで、
割引きがあがるのには私自身はあまりお得感を感じる機会がないですが、
ルミネやパルコでは、カード払いだと10%オフになる場合もあるとか。

そんな割引カードがあったら、わたしもぜひ使いたいですけどね。

あと割引があることで有名なクレジットカードといえば、
イオンカードとセブンカードではないでしょうか。

イオングループで5%割引き、
イトーヨーカドーで5%割引きがありますよね。

それと、セゾン系のクレジットカードも
西友やリヴィンで5%割引きがあると記憶しています。

--------------------------------------------------------------------------

10%オフとなるカードとしてパルコカードとルミネカードがある。これらのカードの所有者に対してパルコとルミネの店舗では年数回(4回ぐらい)10%の割引の期間がある。パルコやルミネで取り扱っている商品は普段から定価で販売している物が多く、書籍も割引価格で購入することができるので、大変おトクである。

ルミネに関しては関東圏内3,000円以上の買い物であれば、送料無料で届けてもらうことができる。そのため、書籍等の重い荷物も10%オフの期間にまとめて購入し、自宅に配送してもらうようにしている。ルミネカードは2年目以降、年会費がかかってくるが、消費税8%時には年間10,000円(税抜)以上の買い物を10%オフ期間に購入すれば元がとれる。

(ポイ探ニュースー  2018年5月7日)
-----------------------------------------------------------------------

神戸空港から関西空港を結ぶ高速船があるそうです。

私は関西圏在住者ではありませんので
しりませんでしたが
そういう高速船があるのですね。

地形をよく把握していないのですが、
モノレールのように船で結ぶ感じなのでしょうか。

そこで、券売機・窓口で売っている券が、
電子マネーが利用できるようになったそうです。

ほぼ全ての電子マネーが利用できるのだとか。

電子マネーはポイントが貯まるのはもちろん、
JMBイオンカードのWAONを使えば
JALのマイレージが貯まるし
楽天Edyを使えば
ANAのマイレージが貯められます。

空港を使う人はマイルを貯めている人も多いでしょうから、
自分が貯めているマイルを貯めるために
WAONや楽天Edyを使うといいかもですね。

--------------------------------------------------------------------------

キャッシュレス決済を日本に普及させるべく、小売決済現場を中心に様々なソリューションを展開する株式会社エム・ピー・ソリューションの電子マネー決済ソリューション「KAZAPi」と「JMMS」が、神戸空港~関西空港を結ぶ高速船「神戸-関空ベイシャトル」に採用されました。

電子マネーのご利用については、各電子マネーポイントサービスの対象となります。
たとえば、JALマイレージバンク(JMB)のJMB-WAONをご利用の場合、JALのマイレージが加算されます。
ANAマイレージクラブ(AMC)登録のEdyカードをご利用の場合 、ANAのマイレージが加算されます。

(PR TIMES (プレスリリース)ー  2018年4月30日)
-----------------------------------------------------------------------

電子マネーはキーホルダー型などいろいろな型が以前からあって、
利用している人はそこそこいましたが、
スマートウォッチが出てからかなり定着してきている気がします。

しかし時計型というこれ、
かつて、なんでも「時計型」になっているとかっこいいというのがありませんでしたか。

時計に仕込まれている武器とか、
時計に仕込まれたトランシーバーなど、
数十年前にあこがれだったものが今や本当に「時計に仕込まれている」
状態になっている気がします。

そのうちのひとつとして、
電子マネーも時計としてタッチさせるだけで使えるなんて、
未来感があるとしかいいようがないですね。

そういえば、アップルペイも、
アップルウォッチで使うことができるんですよね。

これもスマートウォッチでの電子マネー利用ですよね。

--------------------------------------------------------------------------

腕時計のバンド部に、電子マネー機能や着信通知機能を備えたハイブリッド型スマートウォッチ。手塚治虫氏の生誕90周年を記念し、「鉄腕アトム」と「ブラック・ジャック」をモチーフにしたデザインを採用。

 「鉄腕アトム」モデル「wena wrist Three Hands Mechanical Silver -ATOM Edition-」の文字板にはアトムが描かれ、その目には蓄光加工が施されている。ヘッド部の裏蓋にはアトムが刻印され、機械式時計のムーブメントが見えるシースルーバックとなっている。

(家電 Watchー  2018年4月16日)
-----------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ