お金についてのブログ

日常生活においてお金を節約する、お得を得るなどについて書いてみます。

QUICPayは、後払い式の電子マネーですよね。

私は使ったことがないですが、
いろいろなところで決済の機械を見かけます。
浸透度はかなりあるのかもしれないですね。

アップルペイにiDとQUICPayが使われてから、
一層、浸透が進んでいる気がします。

QUICPayですが、
Google Payに対応したそうで、
今後の展開を期待する声もあるようです。

Google Payは、各社の電子マネーサービスをひとまとめにできるのだそうで、
Suica、nanaco、Edy、WAONそして、QUICPayが対応しています。

自分が使っているサービスがあるのかどうかをチェックして、
特にAndroidのスマホを利用している方にとっては、
たぶんなにかよいことがあるのではないでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

電子マネーサービス「QUICPay」が9日より「Google Pay」に対応した。Google PayはGoogleが展開する統合決済サービスで、対応する各社の電子マネーサービスをひとまとめに管理・使用できることが特徴。

現在のところGoogle Payに対応する電子マネーは「Suica」「nanaco」「Edy」「waon」、そして今回新たに加わった「QUICPay」だ。


(GAPSIS (ブログ)ー  2018年10月9日)
-----------------------------------------------------------------------

PayPayという名前の、
モバイル決済サービスができるとか。

これは、ソフトバンクとYahoo!の合弁会社だそうです。

両社はいまも提携して、
お互いにサービスを乗り合いしあっている感じですよね。

Tポイントでも、両方のユーザーにいいことがある気がします。

このあたらしい決済サービスでは、
あらかじめ口座からチャージした電子マネーやクレジットカード決済ができるとか。

QRコードの読み取りで支払いをはじめるようですが、
わたしは実は、QRコード読み取りあまり好きじゃなかったりします、
これは完全に好みですね。

アプリを起動するよりは、
カードで決済したいと思うタイプなので・・

QRコードやアプリ決済に抵抗のない人なら、
きっと便利に使えるのではないでしょうか。

--------------------------------------------------------------------------

ソフトバンクとヤフーの合弁会社、PayPayが10月5日、バーコードやQRコードを使ったモバイル決済サービス「PayPay」の提供を開始した。

PayPayでは、あらかじめ銀行口座からチャージした電子マネーや、クレジットカードによる支払いができる。支払い方法は「ユーザースキャン」と「ストアスキャン」の2種類がある。

 利用にはPayPayアプリが必要。PayPayアプリをダウンロードし、電話番号による認証をすれば利用可能になる。PayPayで支払うと、支払金額の0.5%相当のPayPayボーナスを付与する。

(ITmediaー  2018年10月5日)
-----------------------------------------------------------------------

電子マネーによる買い物は、
少しずつでもポイント還元されます。

それとは逆で、現金での決済はなにも返ってきません。

消費税の値上げが予定されていますが、
その前に、さまざまなものが実質的な値上げをしています。

容量を減らしたり、
気づかない形で行われているのもあるし、
たばこのようにはっきりと値上げされているものも。

消費者はそういうことをちゃんととらえて、
自分なりに防衛をしていかないといけない時代ですよね。

わたしも、できるだけ現金決済はやめて
電子マネーで買い物するようにはしています。

チャージのときにポイントがもらえるとか、
それなりのよいこともあるし、そういったことをおまけではなく、
値上げでちょっとずつ損していることに、
意識して対抗していくような意識もやっぱり必要だと思うんですよね。

--------------------------------------------------------------------------

毎日1500円程度の買い物や食事をして、週末には8000円程度のまとめ買いをするとすれば、これは18500円の消費になる。これを4週間続けたとしてすべてスマホ決済に置き換えたとすればどうだろうか。

1.0%を還元されたとすれば月に740ポイントを得ることになる。「たかがポイント」と思っていると年間9000円くらいの節約になるわけだ(実際には100円ごと1ポイントのような還元なので、ポイント数は少なくなる)。

(大人のクレジットカードー  2018年9月29日)
-----------------------------------------------------------------------

わたしの地元にはパルコはないのですが、
パルコカードのリニューアルの話をしている人を見かけました。

リニューアルによって、
優待特典割引があったものがなくなって、
ポイント還元率が上がる、という感じになったようです。

割引というのは一般的にたいへんわかりやすいですが、
「ポイント還元」というのは、
あんまり普段考えていない人にとっては実感がわきにくいですよね。

還元されるとはいえ、
そのカード内でサービスを受けるときにしか使えない、
というのも、割引と違う汎用性のなさ。

そこが気になる人は割引特典のほうがよかった
という感想を抱くかもしれないですが、仕方ないですね。

--------------------------------------------------------------------------

今回発表されたリニューアル内容で確実にわかっていることは、これまでのクラスSメンバーズとプレメンバーズ制度がなくなると同時に、優待特典割引がなくなるということだ。
そして、割引特典の代わりとして「ポイント還元率アップ」の特典が適用されることになる。
適用条件はこれまでと変わらず、3月1日~翌年2月末日までの期間で、パルコにて10万円以上のカード利用となっている。

(大人のクレジットカードー  2018年9月20日)
-----------------------------------------------------------------------

クレジットカードの年会費は、
わたしは無料のものを主に使っています。

無料じゃないクレジットカードでも、
だいたい年に1度利用すれば無料になる、
というクレカを私は使っています。

使わないクレカは解約していってるので、
残っているのは、たしか年会費無料のクレカばかりだと思います。

というふうに、私は、年会費を支払うクレカはもちろん、
年会費が高いゴールドカードは持っていませんし、
この先も作るつもりはありません。

ゴールドカードには例えば空港のラウンジが使えるとかありますが
私は飛行機に乗る機会がないのでそういう特典も必要ないのです。

昨今は年会費が安い格安ゴールドカードも増えていますが
年会費が1万円以上のクレカになると、
ラウンジの使える空港の数がぐっと増えたり、
ショッピング保険の補償額があがったりと、
なかなか魅力的なものになるようです。

--------------------------------------------------------------------------

年会費4,000~7,000円あたりもゴールドカードが多く発行されている価格帯だが、こちらは年会費1万円前後のゴールドと比べて、まんべんなくスペックが見劣りするものが多い。旅行傷害保険は最高3,000~5,000万円程度、ショッピング保険は年間最高100~200万円程度の補償で、ラウンジが利用できる空港の数は20前後が目安となる。

(マイナビニュースー  2018年9月12日)
-----------------------------------------------------------------------

タクシー配車スマホアプリ「全国タクシー」。

なにかでちょっとみたことがありますが、
外国からの方にも利用しやすいよう配慮されたりして、
普及にかなり力を入れているようですね。

スマホからタクシーを呼ぶことができ、
クレジットカードによるネット決済ができる、というのは、
大きな利点だと思います。

現金を持ちたくない方にぴったり、
ということは、海外の旅行者にもぴったりですよね、
外貨のことを考えなくていいので。

交通系ICや電子マネーでの支払いも可能ということですので、
日本人のお客にとっても支払い方法が選べるので喜ばれるのでは。

私は地方在住で自分のクマルを運転するので
タクシーを利用することはほとんどありませんが、
タクシーを使う人にとっては便利なアプリとタクシーだと思います。

--------------------------------------------------------------------------

JapanTaxiは9月3日、クレジットカードから交通系IC・電子マネーまで複数決済が可能なカードリーダー端末と従来の広告タブレットが一体化されたマルチ端末「決済機付きタブレット」を順次全国展開すると発表した。

決済機付きタブレット同社が提供しているタクシー配車スマホアプリ「全国タクシー」は、全国47都道府県でスマホからタクシーを呼ぶことに加え、事前登録したクレジットカードによるネット決済により到着前の支払い手続きを完了できる。

(マイナビニュースー  2018年9月2日)
-----------------------------------------------------------------------

イオンカード、かなり人気があるクレジットカードなんですよね。

イオンのクレジットカードということで、
やはり主婦の方で持っている人は多いです。

我が家からもイオンは近くて、
少なくとも一週間に一度は買い物へ行きますし、
買い物の時の支払いは電子マネーのWAONです。

レジで並んでみていると、
WAONかイオンカードで支払っている割合は50%を超えている感じです。

WAONかイオンカードで支払うとポイントがもらえまいし、
割引クーポンをときどきもらえまいし、
毎月の5%割引きデーなど、
何かとお得なのでWAONカードかイオンカードを作る人は多いですよね。

イオンカードには種類が何種類もあるのですが、
やはり人気No1は電子マネーのWAONが搭載されている
「イオンカード(WAON一体型)」ということを聞いたことがあります。

一枚のカードで
クレジットカード決済とWAON決済を使い分けられるのが便利ですからね。

そのイオンカード(WAON一体型)のお得な点についてなど
詳しく紹介されているのが【イオンカード(WAON一体型)」の作り方・申し込み方法】というサイトです。

申し込み時の必要書類のアップの仕方や受取人確認配達サービスの受け取り方から、
WAONチャージの仕方、WAONポイントとときめきポイントの違いや交換の仕方など、
このサイトでイオンカード(WAON一体型)についてほぼ分かる作りになっていますので、
これからイオンカードを作ろうと思っている方は参考にされるといいです。

ちなみに、オリコンの顧客満足度ランキングの
クレジットカード部門で1位の「楽天カード」に次いで
2位が「イオンカード」です。

やはり、持っていてお得なカードが人気なんですね。


大手銀行が実店舗の看板を大きく見せることをやめ、
ATMも縮小してきている、という話です。

ATMについては、
やはりさまざまな場所を網羅してくれているほうがうれしいと思うのですが、
実際、今後はネット経由での振込とかを推奨してくるのかもしれないですね。

大手ではない別な金融機関でローンを借りたところ、
その返済にネットバンクへの登録を推奨されていますが、
まだ手続きしていません。

あれは、今後そちらを中心にする流れになるから、
そのようにしているということなのでしょうね。

さっそく登録しようと思います。

でも記帳がなくなるのはちょっと困りそうな気がします。

やはり、紙上でみえるというのは重要です。

ネットでいつでもみられるといってもそれは、
電気があり端末がなにか手元にある前提ですよね。

一度紙に記録すればそういうのがなくてもみられるので、
機能としては残してほしいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

ATM網はバブル期に急速に整備されてきた、従来型の「重たい」システムである。当時はATM網を整備することで大量の顧客をさばき、引き出し手数料を獲得することがひとつのビジネスモデルとして機能していた。だが、スマホを使った極めて安価な決済手段が普及している今、大規模なATM網と大量の現金を取り扱うことは銀行にとって割に合わなくなっている。

メガバンクが本格的にATM網の削減に乗り出したということは、わたしたちの生活習慣が変わることを意味している。好むと好まざるとに関わらず、現金決済は急速に萎んでいく可能性が高い。

(現代ビジネスー  2018年8月28日)
-----------------------------------------------------------------------

クレジットカードの支払いを延滞するのがどれだけ危険なのか、
警鐘を鳴らす人がときどきいます。
これは必要なことですね。

いまはいろんな場面でクレジットカードが利用されることが多くなっていて、
特に若い人が気が付かないうちにすすめられてクレジットカード払いを使っていることがあるようなのです。

それでついお金を入れ忘れたような気軽な感じで支払いが滞って、
気づかぬうちにブラックリスト入り、
というのは実際にありそうな話ですよね。

カード会社は、カード利用を薦めるなら、
そのへんの説明ももっと頭に入るようにおしえてあげるのがいいのではと思います。

それと、近年よく注意喚起されているのが、
携帯電話代金の滞納や延滞でもブラックリストへ載るということです。

携帯電話の料金は、通信費と端末の分割代金の両方という場合があり、
その場合、延滞や滞納をすると、
端末の分割代金を延滞・滞納したということで
信用情報機関のブラックリストへ載るのだそうです。

--------------------------------------------------------------------------

個人信用情報センターにブラックリストとして登録されると新しいカードを作ったりローンを組んだりができなくなります。というのも、新しくカードを作ったり、ローンを組もうとするときにはカード会社は、みな個人信用情報センターに照会するからです。

そのため、入会審査の段階で、事故の記録があった場合、審査にはまず通りません。記録が消えるまで5年間、新しいカードを作ることやローンを組むことを我慢しないといけません。

(マイナビニュースー  2018年8月22日)
-----------------------------------------------------------------------


SuicaにはSuica利用で貯まるSuicaポイントがあったのですが、
確かそれがJREポイントに変更になったのですよね。

昨年末からその案内が頻繁にされていたようで、
移行はたぶんスムーズに進んでいるのではないでしょうか。

日ごろからSuicaを使っている人は
Suicaポイントはたまりやすいものでしょうから、
それが変わるなら一大事です。

JR西日本のポイントは、どうなのでしょうね。

東日本に住んでする私には分からないのですが
西日本の乗降に使う電子マネーというと確かICOCAがあったと思いますが、
そのICOCAでポイントが貯まるようになるみたいです。

ということはこれまでは
ICOCA利用で貯まるポイント制度はなかったということなのか…?

これからポイントが貯まっていくなら、
使い続けることにも意味があるし、
ますます利用率が上がって生きそうですね。

--------------------------------------------------------------------------

JR西日本(西日本旅客鉄道)は8月9日、ICカード乗車券「ICOCA」の利用に応じてポイントが貯まる「ICOCAポイント」サービスを10月1日から開始することを発表した。

 ICOCAポイントは列車の利用で貯まる「時間帯指定ポイント」「利用回数ポイント」と、買い物で貯まる「電子マネーポイント」の3種類があり、貯まったポイントは「1ポイント=1円」で換算しチャージすることで、列車や買い物に使うことができる。

(トラベル Watchー  2018年8月10日)
-----------------------------------------------------------------------

野外でフェスは日焼けするし疲れるのですが、
フェスで音楽に囲まれながら、ゴハンを食べたり、
グッズを選んだりするのはたのしいものです。

以前であれば支払いに不安がないように
たくさん現金を用意しなくてはならなかったですが、
クレジットカードの対応は、できているのでしょうか?

クレジットカードは携帯の利用端末があって、
わりと早くから対応をうたっていたような気がしますね。

電子マネーのほうが遅かったかも・・

ロックインジャパンフェスで、
今年は電子マネー利用がはじまったようです。

限りなく手ぶらになって助かるし、
会場内での電子マネー利用はどんどん促進してほしいです。

将来的には、
指紋や顔認証とクレジットカード情報が結びつく形で登録され、
決済が指紋スキャンや顔認証で行えるとなれば
こういうフェスなんかではかなり便利でいいですよね。

--------------------------------------------------------------------------

既に公式サイトでアナウンスをしておりますが、
COUNTDOWN JAPAN、JAPAN JAM、まんパクに続き、ついにROCK IN JAPAN FESTIVALでも会場内で電子マネーが使えます!
RIJFは会場が野外かつ広大で、電子マネー端末の必要数もCDJを軽く上回るため、インフラとして実現させるためにはCDJやJJでの運営実績を積み上げる必要がありました。

(rockinon.comー  2018年7月28日)
-----------------------------------------------------------------------

フィギュア型の電子マネーには
いろいろ種類があるようで、ちょっとたのしいですね。

今度のセブンとタイトーのコラボ企画では、
セカイノオワリのメンバーが、
フィギュアになっている電子マネーだそうです。

ICチップを内蔵しているのでかざすと利用できるのだとか。

フィギュア型の特徴は、
そのキャラクターを愛せるので、
同じ感じで電子マネーにも愛着がわく、
とい仕組みですよね。

ファンの方に、
このフィギュアが当たり前になっていくのかも。

--------------------------------------------------------------------------

タイトーとセブンネットショッピングは、バンド「SEKAI NO OWARI(セカイノオワリ)」のメンバー「DJ LOVE」さんが題材の、アーティストでは初だというフィギュア型電子マネー「nanaco フィギュア SEKAI NO OWARI DJ LOVE」の予約受付を、2018年7月18日17時から始める。

(BIGLOBEニュースー  2018年7月17日)
-----------------------------------------------------------------------

山手線エリアのマクドナルドで、
朝の通勤時差を付ける試みを考慮して、
マクドナルドとSuicaのキャンペーンがあるようです。

サイズアップしたドリンクが飲めるクーポンの配布と、
それをSuicaで利用しようというキャンペーンが主な試みのようですね。

山手線内では通勤途中でマクドナルドの
なにかを朝ごはんとして買う人も多そうです。

それをいつもの交通系電子マネーを使って利用して、
ちょっとだけいいことがある、というのは、
手軽にお得が楽しめるのでいい企画かもしれないですね。

ただ、個人的には、
飲み物のサイズアップはあまり興味ないというか
ありがたみがないというか、
私は大きいサイズの飲み物だと飲みきれなくて捨ててしまうことが多いんですよね。

なので、何か違うキャンペーン内容だとうれしいかも、
という感想をもったのでした。

--------------------------------------------------------------------------

「夏の早起き応援キャンペーン」の一環として、日本マクドナルド株式会社とタイアップし、「山手線エリア内限定!朝早起きしてマクドナルドでSuicaを使おう!キャンペーン」を実施中です。
 マクドナルドでのお支払いはSuica電子マネーが便利です。本キャンペーンでは、山手線エリア内のマクドナルド店舗でご利用いただける、対象の朝マックのコンビのドリンクSサイズが無料でサイズアップできるクーポンを配布しております。

(産経ニュースー  2018年7月11日)
-----------------------------------------------------------------------

役所などの公的機関で、
電子マネーやクレジット決済ができるのはうれしいですよね。

わたしの地元では行っているのでしょうか・・

Yahoo!の公金支払いを使った決済はあるようですが、
確か、手数料がかかるのでいまひとつ使う気になれていません。

武雄市役所では、電子マネーの導入がされたそうで、
住民票などで払うお金を電子マネー決済できるそうです。

300円あまりの決済が日常的にたくさんあるでしょうから、
たぶんあの忙しい業務の中での小銭管理など、大変だと思うのですよね・・

それを考えると、役所窓口への電子マネー導入は喜ばしいと思います。

使える電子マネーの種類が多いのもいいですね。
流通系も交通系の電子マネーも使えますし、
来月からはクイックペイも使えるようになるそうです。

クイックペイが使えると
アップルペイ利用者の人たちも使えますよね。
(iDも対応してほしいところですが)

もし私の地元の役所で導入したら、
私はよろこんで利用すると思います。

--------------------------------------------------------------------------

武雄市役所は2日住民票などの発行にかかる手数料を電子マネーで支払える専用機器を県内の市町で初めて導入しました。利用者はカードや携帯電話を読み取り機にかざして支払い、市は業務の迅速化や釣銭の支払いミス防止に期待しています。nanaco(ナナコ)やWAON(ワオン)などの電子マネーの他、交通系のSuica(スイカ)やSUGOCA(スゴカ)など13種類が使え、来月からはQUICPay(クイックペイ)も利用できます。

(サガテレビー  2018年7月3日)
-----------------------------------------------------------------------

飛行機に乗ることがまずないので、
マイルを貯めるという気持ちにはなったことがないです。

ANAでは、ANAカード、
JALではJALカードと、
航空会社が出しているカードはちゃんとあって、
ほかにもマイルがたまるカードはあっても、
やはり、マイルが貯まることを考えれば、
空港会社が発行しているクレジットカードをもつのがいちばん確実なようですね。

少しずつ優遇されて貯まるマイルを、
ある程度貯まったら、無料航空券に替えて・・
というのが理想的な使い方なのでしょう。

知り合いの企業の社長さんがいて、
その方はそういう使い方をしていると話していましたし。

私の場合は基本として、
いちばん安い手段を選ぶと飛行機が入ってこないので、
マイルを貯めて無料航空券をゲットするというのは
盲点だったのかもしれません。

--------------------------------------------------------------------------

ANAでは「ANAカード」、JALでは「JALカード」のふたつが日本国内における代表的な航空会社が発行するクレジットカード。ANAカード・JALカード共にVISA、マスター、JCB、AMEX、ダイナースなど国際クレジットカードブランドとの提携カードとして発行されている。

基本的には、航空会社発行のクレジットカードを使うと100円利用毎に1マイル、もしくは、200円利用毎に1マイルが積算される。

(ウーマンエキサイトー  2018年6月18日)
-----------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ