金への投資はときによって、何かをきっかけに動き始めるようです。
今回は、中央情勢が緊張し、原油価格が上昇したことと、プラチナの供給減がきっかけになったとのこと。
そういえば、少し前からガソリンの価格があがったとは思っていましたが、たぶんそれは、原油価格の上昇と関係しているのでしょうね。
そういった、生活していてもわかる経済状況の身近な変化は、投資についてはよい判断材料になっていきそうです。
暮らしの中で得られる実感を見逃さないことが、資産づくりへも一役買うのかもしれません。

--------------------------------------------

金価格が再び高騰している。ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物相場は2012年10月4日、前日から続伸して、取引の中心である12月物が前日比16.70ドル高の1トロイオンス1796.5ドルで取引を終えた。
この日は一時、1797.7ドルまで上昇して年初来高値を更新。中心限月として11年11月9日以来、約11か月ぶりの高値を付けた。日本では円高のせいもあって高騰とまではいかないが、購入者層にちょっとした異変が起きている。
ユーロ急伸。ドル安が「金買い」につながる
2011年9月に1トロイオンス1923.70ドルの史上最高値を付けてから1年ほど、1600?1700ドル台で落ち着いていた金相場が再び動き始めた。
金融・貴金属アナリストの亀井幸一郎氏は、10月4日の金価格の上昇について、「いくつかの要素が複合して起こったもの」とし、こう説明する。
背景には、中東情勢(シリアとトルコ)の緊張の高まりによる原油価格の上昇があったこと。さらに南アフリカのプラチナ鉱山で始まったストライキをきっかけとしたプラチナの供給減による価格上昇に、金がつられたことがある。

(J-CASTニュース - 2012年10月5日)
---------------------------------------------