数年前というか、FXがそのリスクとリターンの印象で鮮烈なインパクトを与えたころは、
けっこうFXで夢を叶えた的なお話もみました。

最近では結構珍しい気がするのですが、
それはやはり注目度のせいかもしれないです。

FXに注目していれば、きっとそれなりに魅力的な夢を叶えた話がいろんなところで目に入るのかも。
そうでなければ、後につづいて始める人のきっかけにはならないですから。

昔に比べるとリスクも減っているようなので、こういった話で取引を考え始める人も少なくないでしょう。

昨年の暮れ頃、政権交代があり、アベノミクス効果で為替相場が円安に一本調子で向かっていた今年の5月頃までは、FXで稼ぐのが比較的簡単で、この時期に大きく稼いだ人たちはかなりの数いたということですからね。

--------------------------------------------
1ドルから始めたFXでフェラーリを買うまでに――。そんな夢のある話を教えてくれたのは、当サイトの『FX戦略会議』にも登場している、ロンドン在住の為替ディーラー松崎美子さんだ。

 「知り合いのイギリス人です。彼は毎年初め、1ドルをFX口座に入金し、年末までにどのくらいまで増えるかやっていたんです。遊び半分だったとは思うんですが、ある年その口座の利益でフェラーリを買うまでになったんです」(松崎さん)

 たとえスタートが1ドルでも毎日2倍にすれば10日目に5万円、20日目には5000万円を超える。もちろん計算上の話だが、フェラーリとまではいかずとも、FXに慣れる意味でも真似まねする価値はありそうだ。

1通貨取引が可能なFX会社は2社

 「彼が使っていたのはオアンダという会社でした。昔から1通貨単位で取引できる会社として有名だそうですね」

(読売新聞- 2013年10月9日)
---------------------------------------------