お金についてのブログ

日常生活においてお金を節約する、お得を得るなどについて書いてみます。

2014年03月

投資信託のセミナーが東京・両国国技館で開催されたとか。
参加者は2600人ですごい数字です。

NISA口座導入もそうですし、
そもそも安倍首相になってからますます直接市場がなんとなく流れに左右されつつある、と思われます。

景気がこれから上向いていくという期待感を失わせないよう、
キープし続けながら税金をあげ、
反感をいだかれないように積極的にテレビに出るなどの
さまざまな苦労を安倍首相もしていますね。

とはいえ、3月の買いだめ消費はけっこうあるようですし、
4月はある程度の反動減は起こるでしょうし、
その後、消費が回復するかが今後を左右するのでしょうね。

もし、景気が後退したら、
せっかく投信を通して株式へ流れていたお金も勢いを失いかねませんしね。


---------------------------------------------
株式や債券に投資する「投資信託」のセミナーが21日、東京・両国の国技館で開かれ、投資への関心が高まっていることを背景に、およそ2600人が参加しました。

インターネット系の大手証券会社4社が東京・両国の国技館で開いたセミナーには、主催者側の発表でおよそ2600人が集まりました。

会場では、投資信託の仕組みを学ぶブースに加え、ことしから始まった個人投資家向けの優遇税制、「NISA」を紹介するブースにも多くの人が集まっていました。
東京株式市場では、ことしに入って株価の値下がり傾向が続いていますが、投資信託の販売は好調です。

(NHK--- 2014年3月9日)
----------------------------------------------



海外旅行にいったとき、お買い物をクレジットカードですると、
そのときの為替レートが適用されたあと、
日本円で請求をうけるそうです。

このときに、外貨両替機能があるカードだと、
事前に専用口座やチャージして、
あらかじめ自分が得をするとき
外貨へ両替しておくことができる。

円高差益をあてにするほどではないにせよ、
ひんぱんに海外でカードを使う人には、
ちょっとうれしい機能かも。

ジャックスが、外貨両替機能を付加した
海外渡航者向けプリペイドカードを開始したそうです。

このごろは、こういった海外でのカード利用の
利便性をたかめたカードが多いですね。


---------------------------------------------
専用Webサイトでの外貨両替機能

通常、海外旅行中にクレジットカードで買い物をすると、その時の為替レートが適用され、後日、日本円で請求を受ける。外貨両替機能を搭載した同カードであれば、専用Webサイトから事前に専用口座へチャージし、円高トレンド時にあらかじめ外貨へ両替しておくことができるので、買い物時の為替レートを気にする必要がない。

VisaのATMネットワークを示すVisa・PLUSマークの付いた海外ATMから現地通貨を簡単に引き出すことができる。空港をはじめ世界中の銀行や駅などに設置された200万台以上の海外ATMが利用できる。
ジャックスでは、同カードをプリペイドカード事業における中核商品と位置づけ、「どなたでも・どこでも」をコンセプトにジャックスの加盟店向けにカード券面を開放し提携プリペイドカードとして幅広く販売することで"Gonna(ゴナ)"ブランドの浸透を図っていくとしている。

(マイナビニュース--- 2014年3月9日)
----------------------------------------------



ビューSuicaカードを使っている人で、
いちばん利用価値がありそうなのは、
昔からある「定期券」をこれで利用する人でしょうか。

常に利用する形にあるというわけで、
これを使って買い物する場所が多ければたぶん便利なことでしょう。

そして、首都圏から遠方に住んでいる人も、
新幹線のきっぷを買うときなどに実はけっこうお得なのですよね。

ポイント還元率が、普通のカードとしての普通の利用のときより、JR東日本のきっぷを購入するときは3倍になるとか。

年に何度か、そういった機会のある人は、
首都圏以外でもコンビニ利用のできるSuicaのカードとしてのお買い物利用も含めて、
JR東日本のカードを持っておくのもよいかも。

それと、これから進学や就職で首都圏へ行かれる方で、
通勤通学でJRを使う方はこのビューSuicaカードを持つのもいいのではと思います。


---------------------------------------------
「『ビュー・スイカ』カード」は、「クレジットカード」と「Suica」、さらに「JR東日本の定期券」の3つの機能が1枚に搭載可能な便利なカード。

基本的なカードのスペックは、通常の還元率は0.5%と一般的なクレジットカードと同じだが、JR東日本の鉄道利用(定期券、乗車券、特急券、回数券など含む)や「Suica」「モバイルSuica」へのチャージなどでは還元率1.5%となるので、一般的なクレジットカードの3倍もお得になる。

「Suica」や「モバイルSuica」は「Suicaポイント加盟店」で利用すると、利用時には「100円=1ポイント」もしくは「200円=1ポイント」が貯まるので、「『ビュー・スイカ』カード」でチャージした「Suica」「モバイルSuica」を「Suicaポイント加盟店」で利用した場合には、還元率は一気に2?2.5%にも上昇する。

(ダイヤモンド・オンライン--- 2014年3月6日)
----------------------------------------------



このページのトップヘ