「トラベラーズチェック(旅行小切手=TC)は、
2014年に新規発行が停止になっていたのですね、
知りませんでした。

昔は海外旅行と言えばトラベラーズチェックが必要という頭があったのですが、
もう、クレジットカードなどと併用できるわけではなかったのですね。

海外で利用できるクレジットカードを使えば問題ないと思う方もいると思いますが、
クレジットカードそのものに抵抗がある場合は、
やはり現金感覚と同じく使えるものがあったらありがたいですよね。

それで今は、海外専用プリペイドカードがあるのだそうです。

国際ブランドのVisa、マスターなどと提携していれば、
たいがいの国で利用できるようです。

外貨建てのカードを使えば、
入金時の為替レートが適用されるので、
円に有利になったときに還元してくれば、
有利な交換で戻してこれるのがねらい目ですね。

--------------------------------------------------------------------------
TCの代替手段として注目が高まっているのが、海外専用プリペイドカードだ。2010年ころから旅行会社やクレジットカード会社が相次ぎ発行し、主なカードは現在5つ。いずれも国際ブランドのビザ(Visa)またはマスターカードなどと提携しているため、200以上の国・地域で使える。

 どのプリペイドカードを選ぶかは外貨建てに対応しているかどうかがポイントの一つになる。外貨建ては入金した時点の為替レートを適用するため、その後に円安になった場合に比べ有利なレートで外貨と交換できる。入金時に為替手数料は必要だが、円安が進みそうな局面では一案になりそうだ。現地で決済するときやATMを利用するときも、同一通貨なら為替手数料は発生しない。

(日本経済新聞-- 2015年6月16日)
-------------------------------------------------------------------