お金についてのブログ

日常生活においてお金を節約する、お得を得るなどについて書いてみます。

カテゴリ: デビットカード関連ニュース

デビットカードは、銀行から即時引き落としになるカード。

クレジットカードに抵抗のある人でも、これなら安心、
しかもクレジットカード的に使えて便利ですね。

これを、スマホ決済でも実現したアプリがあるそうです。

横浜銀行では、はまPayというのがあって、
これはスマホで利用できるデビットカード的なアプリだそうです。

いわゆるフィンテックの一つですね。

現金をおろしておくのを忘れた!とか、
クレジットカードは使いたくないけど、
決済を管理していきたい、という方には、
ぴったりなのではないでしょうか。

もし、このサービスが支持を受けて全国的に広がると、
クレジットカードや電子マネーの顧客はかなり流れるかも?

クレジットカードはカードを持つために審査を受けないといけないし、
結局のところ銀行口座から引き落とされるわけだし、
なら、直接、銀行口座から引き落とされても別に変らないし、
と思う方ならこちらへ流れますよね。

ただし、クレジツトカードのようにポイントは貯まらないでしょうが…。


--------------------------------------------------------------------------

これらに加え、最近は銀行口座とスマホを直接結びつけ、デビットカードのように決済した金額がすぐに残高から引き落とされるタイプが登場している。事前チャージの手間がかからないし、クレジットカードに比べてお金の管理がしやすいのが特徴だ。

 横浜銀行は2017年7月、スマホ決済「はまPay(ペイ)」を始めた。同行の普通預金口座を持つ人なら未成年でも、スマホにアプリを入れて登録すればすぐ使える。店頭で表示されたQRコードをスマホで読み取り、暗証番号を入力すると、代金が即座に口座から引き落とされる。

(日本経済新聞  2018年3月26日)
-----------------------------------------------------------------------

デビットカードについては、一時期かなりとりあげられていましたね。

クレジットカードと違って借金というわけではなく、
銀行口座を遠くから使うような感じで、
金利の問題があるわけではないので、
手軽に利用ができます。

また、クレジットカードのように入会審査がなく、
しかも16歳から作ることができます。

ほぼ誰でも銀行口座を持っていれば、
デビットカードを作れるのですよね。

そして、デビットカードは、
JCBやVISAブランドが付いているので、
ネットショップでも、リアルな店舗でも、
クレカ・電子マネー、共通ポイントなどと同様に、
利用できるところは多くなっています。

さらに近い将来、東京オリンピックが開催される予定で、
日本を訪れる外国人、日本に住んでいる外国人の方が、
カードを利用しやすい環境整備が求められているのだとか。

時代がキャッシュレスになってきているのは確かですから、
理由はいろいろでしょうが、キャッシュレスで決済できる環境が整うのは、
喜ばしいことといえるでしょう。

--------------------------------------------------------------------------

2020年の東京オリンピック開催に向けて、訪日外国人がどこでもクレジットカードが使える環境作りが求められている。

「時代はキャッシュレスに向かっています。そのために若くてクレカを作れない高校生、クレカを持ちたくない人などに向けて、デビットカードが多く登場。最近ではクレカと同じようにポイントが付くデビットカードもあり、垣根が低くなりつつあります」と話すのは、「クレジットカードDB」編集長の大澤日出男さん。

「ネットショップはもちろんですが、リアル店舗でもクレカや電子マネー、共通ポイントなどを利用できる店舗が増えています。キャッシュレスにすることで支払いがスムーズになり、ポイントも貯まってお得に。そんな仕組み作りのために、自分のライフスタイルに合わせてカードを見直してみてください」

(エキサイトニュース---  2017年4月1日)
-----------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ