お金についてのブログ

日常生活においてお金を節約する、お得を得るなどについて書いてみます。

カテゴリ: その他の金融関連ニュース

政府もキャッシュレス決済を推奨するようになってきて、
ますます、キャッシュレスをすすめる傾向が、
社会全体で進んでいる気がします。

それにのって、最近すっかりキャッシュレスにはなってきていますが、
わたしは実際、本当にそれでいいのかこのごろ疑問があります。

よく心理的な面で、
お金のかたちでもらわないと
感謝の心がなどというひとがいますが、
それはあまり感じないけれども、
災害で電気がつかえなくなったらどうするのかが、
いちばん心配ですね。

なんの災害であっても電気が途絶えるのが普通。

そのときに、決済時にやりとりができる端末が前提、
というキャッシュレスを、
あれだけの災害があったのに、
どうして政府は安心して勧めるのかが、
わたしは不思議でしょうがないです。

--------------------------------------------------------------------------

日本政府は「2025年までにキャッシュレス決済の比率を40%にする」という目標を掲げるが、実現に向けては課題も多い。
その中でも近年、心配されているのが災害時における対応策だ。

2018年9月に発生し、震度7を観測した北海道胆振東部地震では、地震の影響で北海道内全域が長期間にわたり停電となった。
この際、キャッシュレス決済を利用できずに“買い物難民”となるユーザーが出たのだ。

(fnn jpー2019年5月1日)
-----------------------------------------------------------------------

プレミアムフライデー、
そういえばありましたが、
今はどういう感じになっているのでしょう。

経済産業省がやっているキャンペーンは、
最近はあまり感じないですね。

ですが、3月29日に「プレミアムキャッシュレスフライデー」というのが発表されたとか。

この日と、4月27日からの10連休をキャッシュレスウィークと名付けて、
キャッシュレス習慣をつけさせたいようなのですが・・

ただでさえ形骸化しているプレミアムフライデー、
こんなことでキャッシュレスを心がける人なんて
いないような気がしますね。

普段からメリットがあれば使い始めると思うので、
使ってほしいならもっと上手に先導してほしいと思ってしまいます。

かえって反感を買わないといいですが。

--------------------------------------------------------------------------

本日、経済産業省にて行われた「キャッシュレスキャンペーンに関するブリーフィング」にて、今月3月29日(金)を『プレミアム“キャッシュレス”フライデー』、4月27日(土)から始まる10連休を『キャッシュレスウィーク』と名付け、各社様々なキャンペーンを実施すると発表されました。

(AppBankー  2019年3月12日)
----------------------------------------------------------------------- 

大手銀行が実店舗の看板を大きく見せることをやめ、
ATMも縮小してきている、という話です。

ATMについては、
やはりさまざまな場所を網羅してくれているほうがうれしいと思うのですが、
実際、今後はネット経由での振込とかを推奨してくるのかもしれないですね。

大手ではない別な金融機関でローンを借りたところ、
その返済にネットバンクへの登録を推奨されていますが、
まだ手続きしていません。

あれは、今後そちらを中心にする流れになるから、
そのようにしているということなのでしょうね。

さっそく登録しようと思います。

でも記帳がなくなるのはちょっと困りそうな気がします。

やはり、紙上でみえるというのは重要です。

ネットでいつでもみられるといってもそれは、
電気があり端末がなにか手元にある前提ですよね。

一度紙に記録すればそういうのがなくてもみられるので、
機能としては残してほしいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

ATM網はバブル期に急速に整備されてきた、従来型の「重たい」システムである。当時はATM網を整備することで大量の顧客をさばき、引き出し手数料を獲得することがひとつのビジネスモデルとして機能していた。だが、スマホを使った極めて安価な決済手段が普及している今、大規模なATM網と大量の現金を取り扱うことは銀行にとって割に合わなくなっている。

メガバンクが本格的にATM網の削減に乗り出したということは、わたしたちの生活習慣が変わることを意味している。好むと好まざるとに関わらず、現金決済は急速に萎んでいく可能性が高い。

(現代ビジネスー  2018年8月28日)
-----------------------------------------------------------------------

コインチェックという仮想通貨販売所で、
資金が盗まれ消失する事態におちいっているそうです。

最初、状況がよくわからなかったのですが、
サーバが攻撃されたことにより、
銀行の仕組みに置き換えると、
銀行口座を使うためのハンコ(=秘密鍵)が誰かに奪われた状態に陥って、
ハンコが勝手に使われて、コインチェックからお金を盗まれた、
というような状況だとか。

仮想通貨が値上がりしていたりして、
たいへん多くの人が利用していたようです。

ビットコインの購入の仕方などの指南はたくさんのサイトで行われていますが、
それも、販売所がしっかりしたセキュリティに守られ、
安全であることが前提です。

ビットコインに興味をひかれていたひとにとっては、
警告ともなる事件かもしれないですね。

最近は、テレビCMで、
GMOやDMMのビットコイン取引所の宣伝を目にします。

私自身と言えば、
ビットコインをはじめとする仮想通貨については、
よく理解できないところがあります。

なので、理解できていない今は、
ビットコインなどの仮想通貨を購入することはないと思います。

--------------------------------------------------------------------------

ビットコインの購入を行う場合、まずはビットコインを取扱う仮想通貨取引所で口座を開設することになる。ビットコインの売買は基本的に取引所を通して行われるからだ。取引所によっても違いはあるものの、個人情報を含めた登録情報の入力を行った後、運転免許証等の本人確認書類の写真をWeb上で提出し、登録住所へ確認書類が届けば手続き完了となるケースが一般的だ。

(ZUU online-  2018年1月26日)
-----------------------------------------------------------------------

インターネットバンクをもっと利用してほしい、という促進企画として、
イオン銀行がWAONポイントをプレゼントする企画があるようです。

11月1日から年内に、
イオン銀行のバナーからエントリーすると、
ネットバンキングからエントリーしたということで、
抽選で電子マネーWAONポイントがあたると。

こういったキャンペーン、見逃しがちですが、
実はそのカードのサイトに行くと意外とやっていたりするんですよね。

普段はあまり気にしないかもですが、
Web明細を見に行くときなどに
わたしは参加できるキャンペーンは、
できるだけ参加するようにしています。

イオン銀行を私は利用していませんが、
イオン銀行利用者はあまりネットバンキングを利用しないのでしょうか。

もしかしたら主婦層が多そうなので、
店舗にあるATM利用がおおいのでしょうかね。

--------------------------------------------------------------------------
■キャンペーン期間
2017年11月1日(水)~2017年12月31日(日)

■キャンペーン内容
期間中、インターネットバンキングからエントリーしたお客さまに抽選で電子マネーWAONポイントをプレゼント。

キャンペーン特典適用条件
キャンペーン期間中にインターネットバンキングのトップページに表示されている「キャンペーン実施中」バナーを経由して本キャンペーンにエントリーしたお客さま。
またキャンペーン期間中に以下の条件を満たしたお客さまは、応募口数をプレゼント。

①インターネットバンキング初回ログインをしたお客さま(3口)※1
②イオン銀行メールニュース(メールマガジン)のご登録をしたお客さま(1口)※2
③インターネットバンキングの認証方式をメールワンタイムパスワードに設定されたお客さま(2口)※2
④インターネットバンキングで他行宛振込をされたお客さま(2口)

(PR TIMES (プレスリリース)--  2017年11月12日)
-----------------------------------------------------------------------

スマホを使った送金サービスは、
自分では使ったことがないですが、
じぶん銀行などで、auの方が便利に使っているのをきいたことがあります。

遠くにいる親族が急にピンチになったときなど、よさそうですよね。

それを「三菱UFJ」など大手金融グループ3社と「富士通」が、
スマホアプリで手軽に送金できるように来年1月から実証実験を行うそうです。

大手が技術を支えているのは安心ですね。

やはりこういったサービスでいちばん不安なのは、セキュリティだと思うので、
アプリも、銀行も、しっかりしたところが管理しているのが一番です。

ただ、私は思うのですが、
ペイパルはかなーり前から、
登録したメールアドレスで送金ができましたよね。

私は、以前、イーベイで売買していたことがあり、
その時には海外と気軽にメールアドレスで送金していました。

しかも、送金手数料はかなり安かったと記憶しています。

--------------------------------------------------------------------------
「三菱UFJ」など大手金融グループ3社と「富士通」は、スマートフォンの専用アプリを使うことで、口座番号を知らなくても携帯電話の番号などで手軽に送金できるようにする新たなサービスの実証実験を行うことになりました。
「三菱UFJ」、「三井住友」、「みずほ」の大手金融グループ3社と大手電機メーカーの「富士通」は、スマートフォンを使った個人向けの新たな送金サービスの実証実験を来年1月から行います。

スマートフォンの専用アプリに相手方の携帯電話の番号やメールアドレスなどを事前に登録すれば、口座番号を知らなくても手軽にお金を送れるようにしようという実験です。

(NHK--  2017年10月10日)
-----------------------------------------------------------------------

以前から、海外旅行のあと余ったコインなどを、
電子マネーに交換できるサービスが空港で始まったと聞いているのですが、
ポケットチェンジという機械が、福岡空港でも導入されたとか。

電子マネーやギフトカード、
クーポンへの交換ができるとのことで、
サービスはもう15日に開始されたのだそうです。

海外から直接福岡に降り立つ人もかなりいそうなので、
福岡空港にあるのは、便利ですよね。

羽田空港で導入されてしばらくたったので、
認知度はかなりあがったのではないでしょうか。

なによりも利用者がとても便利だと思うので、
海外渡航者の多い空港での導入はこれからもすすみそうです。

確かに、海外旅行へ出かけて帰ってくると、
現地通貨を使いきれないで持ち帰るということがありますからね。

大きな金額なら手数料を支払っても
日本円に交換しますが、
少額なら手数料がもったいないので、
そのまま家のどこかの引き出しにしまったまま、
ということが多そうですよね。

だから、こういうポケットチェンジというサービスはありがたいかも。

--------------------------------------------------------------------------

株式会社ポケットチェンジは、海外旅行の際に余った外国硬貨・紙幣を投入することで、電子マネーや各種ギフトコード、クーポンなどに交換できる専用キオスク端末を、2017年6月15日より、福岡空港国際線ターミナル1 階に設置、サービスを開始致しました。

設置場所は、福岡空港国際線ターミナル1階 到着口 向かってすぐ右(到着口を出てすぐ左手)

ポケットチェンジサービスは、2017年2月より羽田空港国際線ターミナルに設置・導入されて以降、毎日多くのお客様にご利用頂いております。

(時事通信---  2017年6月16日)
----------------------------------------------------------------------- 

マネーツリー、何年か前に使ったことがあるのですが、
アカウントも忘れてしまいました・・

でもそういえば、自動的に取り込むように設定した金融関係もあるので、
危険かも?といま思い当たりました。

アカウントをちゃんとしないとダメですね。

使うなら使う、消すなら消すで・・・
中途半端な連携を残しているのはよくないです。

みずほ銀行とマネーツリーは連携しているのだとか。

みずほダイレクトアプリというのがあって、
これで自分のデータはいつもみられるとのこと。

銀行とマネー管理のアプリが結びつく試み、
また、それをアプリを通じて行うのも、
今後も発展していくと使い勝手向上につながっていいと思います。

でも、私の使いかたのように中途半端にならないよう、
個々人が注意をすることも必要そうです。

このようなアプリとの連携などは、
今、金融機関の話題の一つとなっている
フィンテックの取り組みの一つだそうです。

フィンテックによって、
国内の金融機関への送金手数料や
海外への送金手数料が格段に安くなると言われていますよね。

確かに、銀行から他の銀行へ送金するたびに
216円を支払うのは少し高いと感じることもありますので
送金手数料が何十円単位くらいになるとうれしいですよね。

--------------------------------------------------------------------------

みずほ銀行とマネーツリーは、マネーツリーの提供する金融インフラプラットフォーム「MT LINK」を通じて、2016年4月にみずほ銀行が提供する「みずほダイレクトアプリ」と連携を行ってまいりました。MT LINKとの連携開始後、永年保存されたデータがいつでも閲覧できるようになり、象徴的なフィンテックの取り組みとして話題になりました。その後のバージョンアップに伴い、自行の口座閲覧のみの機能が、MT LINKが提供する他の金融機関(銀行、クレジットカード、証券口座)も閲覧できるようになりました。

さらに、今年3月に開催された国内最大級のフィンテックイベントFIBC2017において、みずほ銀行の接続試験などを行う評価環境を用いて、マネーツリーのiMessageアプリ「割り勘アプリ」での振り込み機能のデモを行い、銀行APIの新たな可能性を提案しました。

(SankeiBiz---  2017年5月22日)
-----------------------------------------------------------------------

クロネコメンバーズ、初期のころに入っていて、
配達の事前告知があったり、
再配達を安心してできたりと、
メリットがいろいろ多かったのです。

でも、メールソフトが変わったりして、
放置してあるPCが不調で、
ログインが難しくなったのを機に、
再度申し込みたくなりました。

なによりやはり、再配達の手続きを、
アプリでできるとこは魅力的です。

あと、これを機会に、無線でデータを飛ばして
受信できるようにするのもよいですね。

景品と交換できるポイントのシステムも整備されたようで、
以前よりも格段に、利用できることが増えているように思いました。

年末でお歳暮などの贈り物が届く機会が多く、
つい、クロネコメンバーズについてのニュースが気になりました。

--------------------------------------------------------------------------

クロネコメンバーズは、個人を対象とした会員制のサービスです。会費などは一切なく、独自のアカウントのほかに、Amazonアカウント、Yahoo! JAPAN ID、楽天会員IDでもログインできます。

 クロネコメンバーズの機能は、「送る」「受け取る」「通知サービス」「その他の便利なサービス」に分類できます。

 会員登録すると、メールやLINEを使ったお届け通知、集荷や再配達の申し込み、配達の確認、お届け予定日時の変更ができるほか、景品と交換できる独自のポイントシステムや、送料が割引できる電子マネーが使えるようになります。

 さらには担当営業所の名前、集荷や配達のドライバーの電話番号なども確認できます。

(エキサイトニュース---  2016年12月7日)
-----------------------------------------------------------------------

だいぶ前から話題になっていた、
余った外貨を電子マネーやギフトカード等に交換するサービスですが、
これは夏ごろに、利用が開始されているのですね。

実際使ったことはないですが、
海外旅行にいった帰りなどには、
とても便利なのだと思われます。

対象通貨もたいへん広く、提携電子マネーも豊富となれば、
きっと利用している人も着実に多くなっていることでしょう。

しかし、ネットニュースなどで見ていないとと、
このサービスそのものを知らなくて、
損している人も結構いそうです。

飛行機をよく利用して海外へ行く方には、ちょっといいサービスにあたるのかも。

それと、海外の電子マネーにも交換できるみたいですので、
海外からの観光客が帰国時に日本円が余った場合、
自国で使える電子マネーなどに変えるという需要もありそうです。

--------------------------------------------------------------------------

TravelersBoxは、空港や駅、バスターミナルなど、全国各地の施設から計25台の設置を受注し、2017年12月末までに、全国で200台の専用端末設置を行うと発表した。

TravelersBoxは、余った外貨を電子マネーやギフトカード、プリペイドカードに交換するサービスで、2016年7月29日(金)に成田国際空港第1ターミナルでサービスを提供している。

対象通貨は、日本円、米ドル、ユーロ、人民元、台湾ドル、韓国ウォン、香港ドル、タイバーツ、豪ドル、加ドル、ポンド、トルコリラ、ルーブル、シンガポールドルとなる。

提携している電子マネーなどは、Facebook、Skype、VISA Prepaid、Mastercard Prepaid、PayPal、Viber、QIWI、Amazon.cn(中国のみ)、Neteller、Skrill、Yandex Money、iTunesとなる

(ポイ探ニュース---  2016年11月15日)
-----------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ