お金についてのブログ

日常生活においてお金を節約する、お得を得るなどについて書いてみます。

カテゴリ: クレジットカード関連ニュース

ジャックスのゴールドカードに、
新しいカードが追加されるそうです。

インヴァスト証券と提携して、
ポイントを元手に自動的に積み立て投資ができる、
還元率1.5%のカード。

インヴァストゴールドカードは、
税込み200円ごとに3ポイント付与され、
それが、証券会社の取引口座にキャッシュバックして、
自動売買の積み立て投資サービスで
ETFの買い付けがされるのだとか。

ETFの買い付けを自動でする、
というカードのサービスは初めて聞いた気がします。

そして、使ってたまるポイントが
そのまま投資にまわるというのは、便利ですね。

自分ではこれまで気が付かずに
消滅してしまっていたようなポイントが、
積み立てによって、有用なポイントに代わるのであれば、
まあ年会費が、ゴールドカードなのである程度はかかりますが、
ちょっと魅力的です。

国内外の旅行保険がついているのもよいですね。

---------------------------------------

ジャックスは7月22日に、インヴァスト証券と提携し、ポイントを元手に自動的に積立投資ができる還元率1.50%のクレジットカード「インヴァストゴールドカード」の会員募集を開始した。9月30日まで、最大合計7700円相当をプレゼントする入会キャンペーンも実施する。

(エキサイトニュースー2019/7/26)
----------------------------------------

キャッシュレス決済普及のための方策か、
かなりのポイント還元サービスが実施されている印象です。

そんな中、セブンpayというのは、
当初からトラブルでとん挫してしまいましたが、
経営しているのが大手ですし、
そのうちちゃんと復活することでしょう。

ですが、ポイント還元、
前から気になっていたのですが、
クレジットカード会社はそれらの細かい決済について、
いろいろな対応をしているということですよね。

かつては分割払いやリボ払いなど、
大きな金額だったから手数料を得るというよいところはあったかもですが、
こう少額決済が次々舞い込んでくると、
その運用は本当に利益になっているのでしょうか?

大きな金額でも小さな金額でも
処理は同じだと思うのですが、
支払う手数料は差がついてきますよね。

今度はカード会社の運営が
たいへんな状況などに、
ならないとよいですが。

---------------------------------------

 キャッシュレス決済を利用できる店舗や利用者が増え、決済の総額も増加するだろうから、願ってもない商機のはずだ。だがクレジットカード会社の関係者の顔色はさえない。システム改修の手間に加え、政府がポイント還元分の補助の条件として加盟店手数料率に上限を設けたからだ。

(日経xTECHー2019/7/19)
---------------------------------------- 

LINEPay PayPayなど、
キャッシュレスの規格は
増える一方な感じです。

LINEPayとメルペイを使っていますが、
でも、どうも慣れないのです。

電子マネーのほうがやっぱりしっくりきますね。

キャンペーンがあってポイント還元といわれても、
結局(当然ですが)そのサービス内でしか利用できないので、
特に使いたくない還元では、
恩恵を得にくいですね。

それよりだったら、
幅広く商品を扱っているメジャーなお店で使える
キャッシュレス権限やポイントなどのほうが
ありがたいと思います。

ヨドバシカメラでは、
クレジット決済で大きく還元がなされるようですね。

ヨドバシのクレジットカードでクレジット決済を行うと、
ヨドバシで使えるヨドバシゴールドポイントが
20%還元されるそうです。

20%というのは、
つまりヨドバシでの買い物をするとしたら、
2割分戻ってくる感覚ですよね。

これは、ほんとに必要なものを買うなら、
ほんとにお買い得になるキャンペーンですね。

---------------------------------------

6月15日からはじまる、「ゴールドポイントカード・プラスでキャッシュレス決済キャンペーン」では、ヨドバシのクレジットカード「ゴールドポイントカード・プラス」でクレジット決済で支払うと、最大20%のヨドバシゴールドポイントが還元されるというもの。20%て!

(ギズモード・ジャパンー2019/6/14)
----------------------------------------

少し前から、神社初のクレジットカードとして
「鹿島神宮カード」がニュースになっていました。

これは、竜王戦という戦いの前夜祭にも参加可能とのこと。

保有者向けの参加枠があるのはすごいですね。

参加料は1万円とちょっと結構なお値段ですが、
抽選といいますから、きっと人気があるのでしょう。

わたしももし将棋ファンなら、
そんな貴重なもの、
ぜひ見たいと思うでしょうから。

それがクレジットカードの特典なのであれば
たぶんそのカードに入会したいと思うでしょうも。

マニアックな人向けの特典は
その分野のユーザーを離さないと思うので、
意外とこれからも注目かも。

--------------------------------------------------------------------------

「第31期竜王戦 第3局」の観覧イベントに参加したい将棋ファンは、「鹿島神宮カード」を保有しよう!羽生竜王などの棋士が登壇する前夜祭にも参加可能!

 この前夜祭は、「鹿島神宮カード」の保有者向けにも参加枠が用意されており、抽選に申し込んで当選すると参加することができた。参加料はフード・ドリンク・お土産付きで1名につき1万円(税込)だ。

(ダイヤモンド・オンラインー  2019年2月2日)
-----------------------------------------------------------------------

楽天カードについての
ちょっとこわい話が掲載されていたのですが、
海外のターミナル内で、
日本人に電話したいがカードは所持しておらず、
現金を払うからカードで電話をかけさせてほしいといわれて、
見ている状態でカードを最低限利用させて、その後、
確認したらカードが限度額まで利用されていた、
という事態が起こっていたそうです。

ひとの同情を買って、
おとしいれてだまし、
カードをすりかえる悪質な手口ですね。

日本人は情に厚いと思われているのか、
また、それゆえに騙しやすいとも思われているのか・・・

海外で現金を持ち歩くと
危ないとは昔よく言われた話ですが、
いまはカードを持ち歩くのも
そのような「すり替え」まで警戒しないといけないとは。

なんにせよ他人にカードを渡す行為は、
絶対に避けなくてはならない、ということですね。

--------------------------------------------------------------------------

ターミナル内のスターバックス付近で、男性から「タナカさん」に電話をかけたいが、カードは所持していないので20ユーロ(現金)を払うからカードで電話をかけさせてほしいと依頼があり、ピンコード入力時は隠していたものの、途中で一度、一瞬電話機からカードを抜いたときがあったという。その後直ぐに返却してもらい、男性と別れたが、翌日、カードを確認すると他人名義の同じカードで、利用明細を確認すると限度額まで利用されていることが判明したという。

2018年5月にも注意喚起を行っており、すり替えられたカードはいずれも「楽天カード」だったという。前回は見知らぬ男性から英語で、「友人の日本人が飛行機に乗り遅れたので、公衆電話より電話をかけてほしい」と依頼され、同様にカードをすり替えられた。

(トラベルメディア「Traicy(トライシー)」ー  2019年1月17日)
-----------------------------------------------------------------------

クレジットカードの年会費、
年に1度買い物をすればかからない、
とされているクレジットカードがけっこうあって、
年に1回くらいは買い物するだろうと思って登録したものが、
引越などで買い物場所が変わって利用しなくなり、
いつのまにか年会費がかかっている、
ということが以前ありました。

年会費2000円は、
ちょっともったいないです・・
気を付けたいですね。

クレカの解約については、
付帯している電子マネーも使えなくなると困るので、
解約前に使い切ったほうがいいといいますし、
面倒ですが、終わりはちゃんとやったほうがいいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

「通帳に見覚えのない引き落としがあったんです。調べると、使っていないクレジットカードの年会費だった。自宅から使っていないカードが見つかっても、知らぬ間に引き落としされているかもしれません。有効期限を確認のうえ、カード会社に問い合わせて、解約してから処分しましょう」

(ニフティニュースー  2019年1月3日)
-----------------------------------------------------------------------

いろいろなクレジットカード会社から、
企業やアニメ、バンドなどとコラボしたカードが出ることがありますが、
わたしはまだ作ったことがありません。

たしか、少し前には
ワンピースとのコラボしたデザインのカードが発売されていて、
知り合いに持っている人がいて、喜んでいました。

特典で、いくらかそろえる
とグッズがもらえるとか、いろいろあった気がします。

今度、楽天カードから発行されたのは、
ヴィッセル神戸をテーマにした
「ヴィッセル神戸デザイン」と「イニエスタデザイン」だそうです。

希望と歓喜とアグレッシブを象徴するクリムゾンレッドが使われているのだとか。

わたしはサッカー、全然わからないのですが、
イエニスタというのは、世界的スーパースターなのですね。

であれば、ファンもたくさんいるでしょうし、喜ばれることでしょう。

こういうコラボカードが発行される一つの理由には、
ある程度の発行枚数が見込めるということがあるのでしょうね。

--------------------------------------------------------------------------

11月27日、楽天カード株式会社はJリーグチームのヴィッセル神戸をカードデザインに採用した「ヴィッセル神戸デザイン」と「イニエスタデザイン」を、11月30日より発行開始すると発表した。
サッカーチームのヴィッセル神戸はJリーグJ1にて活躍する兵庫県神戸市のチーム。
「ヴィッセル神戸」と「イニエスタデザイン」の両方に用いられているクリムゾンレッドのカラーは、希望と歓喜、そしてアグレッシブを象徴するクラブカラーだ。

(大人のクレジットカードー  2018年11月29日)
-----------------------------------------------------------------------

クレジットカードを、
即時で発行してほしいときというのは、
すぐに大きな買い物をしたいとか、
すぐ遠くに出かけるから不安なので手にしたいとか、
そういったことのようですね。

クレジットカードがあれば、
現金をおろしておくことが難しいときでも、
大きな支払いが発生しても安心ですからね。

しかし、カードによっては
申込がすぐ済んでも発行自体にはかなり時間がかかるとか。

ひいては個人の確定として、
書類をあらためて送りなおさなくてはいけないとか、
カードによってこんなに手続きが違うのは
なぜだろうと思うこともあります。

その点、丸井のエポスカードなど、
ウェブから申し込むとそのまま審査や個人情報の提出まで、
スムーズに進むカードはありがたいですね。

--------------------------------------------------------------------------

全国のマルイなどで使えるエポスポイントが貯まるエポスカード。ウェブか申し込み専用アプリからカードの種類を選び、必要情報を入力すると、審査結果がメールで送られてきます。申し込み専用アプリなら、スマホのカメラで運転免許証を撮影すれば必要な情報の入力もスピーディにできます。

早ければ審査結果は数分で届くそう。その後、マルイなどにある取り扱いのカードセンターに行くと、発行されたカードを受け取れます。

(マイナビニュースー  2018年11月22日)
-----------------------------------------------------------------------

わたしの地元にはパルコはないのですが、
パルコカードのリニューアルの話をしている人を見かけました。

リニューアルによって、
優待特典割引があったものがなくなって、
ポイント還元率が上がる、という感じになったようです。

割引というのは一般的にたいへんわかりやすいですが、
「ポイント還元」というのは、
あんまり普段考えていない人にとっては実感がわきにくいですよね。

還元されるとはいえ、
そのカード内でサービスを受けるときにしか使えない、
というのも、割引と違う汎用性のなさ。

そこが気になる人は割引特典のほうがよかった
という感想を抱くかもしれないですが、仕方ないですね。

--------------------------------------------------------------------------

今回発表されたリニューアル内容で確実にわかっていることは、これまでのクラスSメンバーズとプレメンバーズ制度がなくなると同時に、優待特典割引がなくなるということだ。
そして、割引特典の代わりとして「ポイント還元率アップ」の特典が適用されることになる。
適用条件はこれまでと変わらず、3月1日~翌年2月末日までの期間で、パルコにて10万円以上のカード利用となっている。

(大人のクレジットカードー  2018年9月20日)
-----------------------------------------------------------------------

クレジットカードの年会費は、
わたしは無料のものを主に使っています。

無料じゃないクレジットカードでも、
だいたい年に1度利用すれば無料になる、
というクレカを私は使っています。

使わないクレカは解約していってるので、
残っているのは、たしか年会費無料のクレカばかりだと思います。

というふうに、私は、年会費を支払うクレカはもちろん、
年会費が高いゴールドカードは持っていませんし、
この先も作るつもりはありません。

ゴールドカードには例えば空港のラウンジが使えるとかありますが
私は飛行機に乗る機会がないのでそういう特典も必要ないのです。

昨今は年会費が安い格安ゴールドカードも増えていますが
年会費が1万円以上のクレカになると、
ラウンジの使える空港の数がぐっと増えたり、
ショッピング保険の補償額があがったりと、
なかなか魅力的なものになるようです。

--------------------------------------------------------------------------

年会費4,000~7,000円あたりもゴールドカードが多く発行されている価格帯だが、こちらは年会費1万円前後のゴールドと比べて、まんべんなくスペックが見劣りするものが多い。旅行傷害保険は最高3,000~5,000万円程度、ショッピング保険は年間最高100~200万円程度の補償で、ラウンジが利用できる空港の数は20前後が目安となる。

(マイナビニュースー  2018年9月12日)
-----------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ