お金についてのブログ

日常生活においてお金を節約する、お得を得るなどについて書いてみます。

カテゴリ: 電子マネー関連ニュース

インターネットバンクをもっと利用してほしい、という促進する企画か、

WAONポイントをプレゼントする企画があるようです。

11月1日から年内に、イオン銀行のバナーからエントリーすると、
ネットバンキングからエントリーしたということで、
抽選で電子マネーWAONポイントがあたると。

こういったキャンペーン、見逃しがちですが、
実はそのカードのサイトに行くと意外とやっていたりするんですよね。

普段はあまり気にしないかもですが、
Web明細を見に行くときなどにわたしは参加できるキャンペーンは、
できるだけ参加するようにしています。

--------------------------------------------------------------------------
■キャンペーン期間
2017年11月1日(水)~2017年12月31日(日)

■キャンペーン内容
期間中、インターネットバンキングからエントリーしたお客さまに抽選で電子マネーWAONポイントをプレゼント。

キャンペーン特典適用条件
キャンペーン期間中にインターネットバンキングのトップページに表示されている「キャンペーン実施中」バナーを経由して本キャンペーンにエントリーしたお客さま。
またキャンペーン期間中に以下の条件を満たしたお客さまは、応募口数をプレゼント。
①インターネットバンキング初回ログインをしたお客さま(3口)※1
②イオン銀行メールニュース(メールマガジン)のご登録をしたお客さま(1口)※2
③インターネットバンキングの認証方式をメールワンタイムパスワードに設定されたお客さま(2口)※2
④インターネットバンキングで他行宛振込をされたお客さま(2口)
PR TIMES (プレスリリース)--  2017年11月12日)
----------------------------------------------------------------------- 

電子マネーの利用率は、
日本はかなり高くなっているようです。

数年前まではそうでもなかったように思います。

でも今は、シニアが量販店でWAONを使っているシーンを見かけることが多いし、
シニア向けのサービスも実際、たくさんでていますよね。

65歳以上だけお得にポイント還元される、
などのサービスも積極的に宣伝されていますし、
これからの超高齢者社会に向けて、
社会自体も準備中なのでしょう。

地域電子マネーが、わたしの住んでいる地域にあるのかどうか・・?

こういうところは自治体より
やはり流通系の電子マネーのほうが利点があるので、
そちらを自然に使っていますが、
ほんとは地域に還元できるほうがいいですし、
自分にそのように還元されるほうがうれしいと思います。

広島の「HIROCA(ヒロカ)」は以前から
記事になることがあって私も名前だけは知っていました。

たしか、最初は、プレミアム商品券とからめての発行だったと記憶しています。
(違うかも?)

--------------------------------------------------------------------------
使える場所は広がっている。大手の小売店はもちろん、ホテルや遊園地、タクシーなど、日常生活のあらゆる場面で目にするようになった。広島県内で使える「HIROCA(ヒロカ)」のように、「地域電子マネー」も登場している。

 便利さが受けて、電子マネーの利用は年々増えている。日本銀行によると、2016年の決済件数は51億9200万件で、前年より11.0%増。決済金額も10.8%増の5兆1436億円で、ともに右肩上がりだ。世界の中で見ても、日本は利用額が2位のイタリアの倍近くで、群を抜いて多く利用されているという。

(AERA dot.--  2017年10月26日)
-----------------------------------------------------------------------

LINE Payは、ポイント還元率が高いという話です。

それはいろいろな記事とかでみているので、
ほんとうは利用したいのですが、
LINEを使うのがほんとうに会話程度で、
サービスを利用したり、LINEの商品を買ったりとかせず、
それだと、ポイントを得るチャンスもないし、
有料サービスを受ける気にはなれない・・

そういう人には、使ってみようというきっかけがありません。

ですが、今度、セブン銀行とLINE Payが提携して、
直接の入出金が可能になったそうです。

もうなっているので、サービスが使えるのですね。

ATMで実際に現金チャージができるようになると、
サービスとしての雰囲気が「LINE」から離れて、
新しい一歩かなという気がします。

利用者の層も変わっていきそうです。

--------------------------------------------------------------------------
LINEの電子マネー運営会社であるLINE Pay社とセブン銀行は10月23日、ATMの利用提携を発表。セブン銀行ATMとLINE Payの間で直接、入出金が可能になった。サービスは即日開始され、すでに利用可能だ。

(BUSINESS INSIDER JAPAN--  2017年10月23日)
-----------------------------------------------------------------------

電子マネーの残高が、
端末にかざさなくてもわかるなら、とっても便利ですね。

わたしはnanacoもWAONも、系列店にいったとき、
機械にかざして残高をチェックしています。

楽天Edyだけ、楽天にログインした際、ついでに残高をみます。

そうやって使っていて、
電子マネーにかざしてボタンを押すと残高がわかる、なんて、
どういう仕組みなのかと思ったりしますが、
読み取り機能自体は、それほど大がかりではないのかもしれず、
それなら、あのレジ横の読み取り機がうんとコンパクトになってくれたら、
シンプルに残高を教える、くらいはできそうな気がしますね。

かわいいキーホルダー型だと、気分的にも満足しそうです。

価格は2480円(税抜)だそえうです。

このお値段は高いのか、適正なのか?

でも、これあったら便利そうです。

--------------------------------------------------------------------------
ブライトンネット、ミヤビックスおよびコバンは10月25日、電子マネー残高表示機「ノコリー」シリーズの新製品として、ディズニーキャラクターとコラボした電子マネー残高表示機能付キーホルダー「nocoly key holder Disney Ver.」を発売する。

同商品は、電子マネーカードにかざしてボタンを押すだけで残高確認ができるキーホルダー。対応カードは交通系電子マネー(Suica、PASMO、ICOCA、Kitaca、manaca、TOICA、PiTaPa、はやかけん、nimoca、SUGOCA)、WAON、nanaco、Edy。このうちWAONとnanacoは残高表示後にポイントも表示される。

(エキサイトニュース--  2017年10月15日)
-----------------------------------------------------------------------

サッカーなど、ファンが多いスポーツの団体で、
クレジットカードを発行するのはけっこうあることですね。

電子マネー決済の提供はどうでしょうね。

今度、AC福島ユナイテッドという「福島ユナイテッドFC」を運用する会社が、
オフィシャルグッズの売店で電子マネー決済を導入することになったとか。

ここで対応した電子マネーはWAONだそうです。

やはり、利用者の利便性と普及率を考慮した結果なのでしょうか。

クレジットカード同様に、
電子マネーも独自で導入するところが少ないのは、
そこでしか使えない電子マネーを導入しても、
利用者に歓迎されないことがわかっているからなのでしょう。

導入される電子マネーは、やはり普及率の高いものの方がありがたいですよね。

ただ、最近は、アップルペイ利用者も増えているようですので、
iDやQUICPayの導入もあれば、
ユーザーにはありがたいかも。

--------------------------------------------------------------------------

TFペイメントサービス株式会社は、プロサッカーJ3リーグに所属する「福島ユナイテッドFC」を運営する株式会社AC福島ユナイテッドにおサイフケータイ対応スマートフォンを決済端末とする決済サービス「ThincaTouch/シンカタッチ」が採用され、福島ユナイテッドFCホームゲーム会場スタジアム内オフィシャルグッズ売店において電子マネー決済サービスを提供しました。

本決済サービスはイオン株式会社が提供する電子マネー「WAON(ワオン)」に対応し、9月17日(日)に「とうほう・みんなのスタジアム(福島県福島市)」で開催された試合で提供されました。

(エキサイトニュース--  2017年9月20日)
-----------------------------------------------------------------------

私は電子マネーを複数使っていますが、
その中の一つにnanacoもあります。

私にとってnanacoは、
どうしてもセブン系列で使う、という頭があります。

なので、使えるところが限定されている気がして、
オートチャージの設定はしてません。

ですが今度、ツルハでもnanaco、使えるようになるのですね。

わたしの家の近所ではツルハドラックが多いので、
使えたら便利だなとは思っていましたが、
意外と高額になることの多いドラックストアでのまとめ買い、
チャージ不足でいちいちチャージしなくてはならないという煩雑さがあったので、
現金で支払っている気がします。

それを防ぐためにも、オートチャージにしようかなという気がしてきました。

ちなみに、ツルハドラッグでは、
レジでのnanacoチャージもできるようになっているそうです。

それと、ツルハドラッグは、既に、
楽天Edy、WAON、iD、QUICPayも使えるようになっていたそうです。

WAONもnanacoも使えるというのは珍しいのでは?

これなら、イオン系でWAONを使っている方も、
セブン系でnanacoを使っている人も
ツルハドラッグなら各々の電子マネーが使えるので便利ですよね。

--------------------------------------------------------------------------

ツルハホールディングスは、2017年9月1日から、グループ全店舗での電子マネー「nanaco」の取り扱いを開始すると発表した。利用者は、買い物代金を「nanaco」で支払いできるほか、ドラッグストアでは初めて店頭でのチャージ・残高確認も可能となる。

同社では2005年10月にツルハドラッグ全店で「Edy」(現「楽天Edy」)の取り扱いを開始。その後2013年7月に電子マネーマルチ端末を導入し、現在はグループ全店で「楽天Edy」「WAON」「iD」「QUICPay」および「交通系電子マネー」が利用可能だ。

なお、今回のnanaco取り扱い開始にあたり、9月1日~14日まで、ツルハグループ各店舗(調剤薬局除く)にて「nanacoポイント2倍」キャンペーンを実施するそうだ。

(ペイメントナビ(payment navi)---  2017年8月30日)
-----------------------------------------------------------------------

京都生協が、京都府で広く会員へのサービスを強化する、という意味合いで、
既存のポイントシステムに加えて、電子マネーも導入したのだとか。

これで、ポイント付与やチャージの特典を、
ハウス電子マネーの範疇で行うことができるようになるので、
利用者もうれしいし、運営者としても優良なお客様を逃さずに済んで、とてもよいと思います。

そしてこの京都生協の電子マネーカード、
きょうまるカードはとてもかわいいデザインですね。

わたしの場合、電子マネーのカードデザインは結構重要です。

あまり利用していなかったドンキホーテ、
かわいいデザインのカードが何種類もあることを知り、
つい、カードを作ったところ、それ以来チャージして利用するようになりました。

利用のきっかけが何になるかわからないので、
こうしたデザインにはちゃんと凝っておくのが、
やっぱり大切かなと思います。

--------------------------------------------------------------------------

京都生協は、京都府を中心に店舗展開をおこなっており、会員へのサービス強化という観点から、既存のポイントシステムに加え、ハウス電子マネーを導入するに至りました。購入金額に応じたポイント付与やチャージ特典を受けられるチャージデーの設定だけでなく、小銭の出し入れをなくすことによるスムーズな支払いでサービス向上を図るとしています。8月22日のコープパリティを皮切りに、順次ハウス電子マネー付きポイントカード「きょうまるカード」の提供を開始してまいります。

(時事通信---  2017年8月20日)
----------------------------------------------------------------------- 

「ほっともっと」は、近所にあって、
結構利用しています。

なにより美味しいんですよね。

天ぷらとかもちゃんと気を配って
できるだけ出来立てを維持するようにしてあったり、
お弁当やさんの中では、いちばん丁寧につくられている気がします。

その「ほっともっと」、これまでもポイント制はあったのですが、
電子マネーは利用できなかったようですし、
ポイントも店舗ごとの管理だったのが、全店共通になるようです。

「My Hotto Motto」というスマホで利用する会員サービスを導入して、
ポイントがたまったり、電子マネーが使えたりするようになるそうです。

電子マネーは独自の電子マネーみたいです。
まつり「ほっともっと」だけで使える電子マネーですね。

チャージできる金額は、
1000円から最大2万円までだそうです。

--------------------------------------------------------------------------

プレナスは26日までに、展開する弁当店「ほっともっと」で、新たなポイント制度を9月から導入すると発表した。スマートフォン(スマホ)を使い、電子マネー機能を利用できるようになる。これまでのポイント制度は各店舗ごとの運用だったが、今回は全店共通となる。

(日本経済新聞---  2017年7月26日)
----------------------------------------------------------------------- 

シージーシージャパン、加入しているスーパーが
私の家の結構近くにあるのでなじみがありますが、
電子マネーをチャージしたりできる機能は、
そのカードにあったかどうか・・

ショップの既存カードを、
シージーシーの電子マネー機能を搭載したカードに入替えをして、
顧客はそのまま利用ができるのだそうです。

1000円単位のチャージを5万円までできるとのこと。

そのCoGCa(コジカ)は、
利用金額に対して200円ごとに2ポイントが付くサービスもあるそうです。

1ポイントが1円となり、
500ポイント貯まると500円分の買い物券が
自動的に発行されるとのこと。

自動で買物券が発行されるのはいいかも。

多くの電子マネーでもポイントカードでも、
自分で貯まったポイントをポイント交換しなければいけない
という手間があります。

その手間がないのは便利だと私は思います。

--------------------------------------------------------------------------

義津屋は19日から既存のポイントカード「ありがとうカード」を、シジシージャパンの電子マネー「CoGCa(コジカ)」の機能を付加した「ありがとうCoGCaカード」に順次切り替えていく。電子マネーの導入で、「顧客の利便性向上とレジ待ち時間の短縮」を見込む。

 同カードは1000円単位で5万円まで現金入金(チャージ)が可能。同カードでの全額精算200円(税抜き)ごとに2ポイントが付与され、500ポイントたまると500円分の買い物券がレジで自動発行される。

(食の情報源---  2017年7月21日)
----------------------------------------------------------------------- 

電気自動車の充電できる場所、
自動車ディーラーなどを中心に、だんだん増えてきています。

わたしは電気自動車ではないですし、
ハイブリッド車も乗ったことがないのですが、
ハイブリッド車はガソリンを無駄に使わないように、本当にきちんと考えられていて、
こまやかに切り替えながら、電気もガソリンも無駄にしない設計になっているんですよね。

これだけ普及してくると、充電場所も必要です。

イトーヨーカドーでは、充電サービスがあるようですが、
これを、nanacoで支払えるようにしていくのだとか。

ポイント還元の対象にもなるし、よい変革だと思います。

自動車の充電っていくらくらいかかるのでしょうかね。

かなり減っている段階で充電しても、
数千円程度で済むのでしょうね。

でないと、ガソリン給油と変わらなくなりますからね。

もしかして、かなり充電しても千円くらいで済むのかな?

--------------------------------------------------------------------------

セブン&アイ・ホールディングス(HD)は5日、総合スーパー「イトーヨーカドー」など運営する商業施設で提供している電気自動車(EV)とプラグインハイブリッド車(PHV)の充電サービスに関し、8月から同社の電子マネー「nanaco(ナナコ)」で決済ができるようにすると発表した。支払いのわずらわしさが大幅に軽減される上、100円に付き1円相当のポイントも付与される。

(時事通信---  2017年7月4日)
----------------------------------------------------------------------- 

このページのトップヘ