ApplePayの導入は、好調なのだそうです。

CMでも特徴的な告知がなされ、
イメージCMとして成功している感じがします。

Apple Pay版モバイルSuicaは
多くの方に利用されていて、
モバイルsuica会員数がすごい勢いで伸びているのだとか。

管理会社にしても、直接の被害の責任などちゃんとしていると思うので、
サービス提供側にも便利ですよね。

初日こそいろいろなカード利用事故が起きていたと思いますが、
少し慣れてきて、みんな自分の使い方にあわせて、
上手にコントロールしているようです。

いちばんは、やはり朝のラッシュ時の、
決済時にかかる手間削減のようですね。

ほんの1分と思っても、電車は待ってくれないので、
急ぐ、すると事故の元でもある焦りが生まれる。

そのへんを自覚しつつ、いちばん安全な道を知るのも大事です。

--------------------------------------------------------------------------
齊藤氏によると、Apple Pay版モバイルSuica開始後の初動は「極めて好調」とのことで、2016年9月末時点で約381万人だったモバイルSuica会員数が、10月25日のApple Payサービス開始を挟んで、11月末時点で約410万人に伸びたとのことです。

会員数は、特にApple Pay開始後1週間で急増した、とのことです。事実、開始初日はSuicaの登録ができないトラブルも発生していました。

JR東日本がモバイルSuicaの導入を推進する理由は、駅の「キャッシュレス化」にある、と齊藤氏は語っています。

(iPhone Mania----  2016年12月23日)
-----------------------------------------------------------------------