お金についてのブログ

日常生活においてお金を節約する、お得を得るなどについて書いてみます。

タグ:スマホ決済

デビットカードは、銀行から即時引き落としになるカード。

クレジットカードに抵抗のある人でも、これなら安心、
しかもクレジットカード的に使えて便利ですね。

これを、スマホ決済でも実現したアプリがあるそうです。

横浜銀行では、はまPayというのがあって、
これはスマホで利用できるデビットカード的なアプリだそうです。

いわゆるフィンテックの一つですね。

現金をおろしておくのを忘れた!とか、
クレジットカードは使いたくないけど、
決済を管理していきたい、という方には、
ぴったりなのではないでしょうか。

もし、このサービスが支持を受けて全国的に広がると、
クレジットカードや電子マネーの顧客はかなり流れるかも?

クレジットカードはカードを持つために審査を受けないといけないし、
結局のところ銀行口座から引き落とされるわけだし、
なら、直接、銀行口座から引き落とされても別に変らないし、
と思う方ならこちらへ流れますよね。

ただし、クレジツトカードのようにポイントは貯まらないでしょうが…。


--------------------------------------------------------------------------

これらに加え、最近は銀行口座とスマホを直接結びつけ、デビットカードのように決済した金額がすぐに残高から引き落とされるタイプが登場している。事前チャージの手間がかからないし、クレジットカードに比べてお金の管理がしやすいのが特徴だ。

 横浜銀行は2017年7月、スマホ決済「はまPay(ペイ)」を始めた。同行の普通預金口座を持つ人なら未成年でも、スマホにアプリを入れて登録すればすぐ使える。店頭で表示されたQRコードをスマホで読み取り、暗証番号を入力すると、代金が即座に口座から引き落とされる。

(日本経済新聞  2018年3月26日)
-----------------------------------------------------------------------

スマホについて聞いたアンケートがあるそうです。

スマホ決済サービスの利用場所の一位は、コンビニだとか。

わたしの場合は、コンビニもすべて、電子マネーカードです。

スマホアプリでもよいと思うのですが、
特にApplePayなどは利用者も多そうなのですが、
クレジットカードを連携しておくものが、
これ以上増えるのがためらわれて、
いまはしていません。

楽天Payというのがあって、
これも便利そうかなと思うのですが、
性格的なことが大きいのか、
やはり、楽天Edyのカードのほうを自然に使っています。

まだまだ自分にとっては、
スマートフォンは電話という側面のほうが大きい感覚です。

それと、利用している電子マネーのアンケートもあり、
1位がSuica
2位がPASMO
3位がnanaco
だそうです。

たぶん、このアンケートに答えた人たちは、
首都圏の人が多かったのでは。

私は地方在住ですので、
私や私の周りの人たちが使っている電子マネーは、
nanaco、WAON、楽天Edyがやはり多いような気がします。


--------------------------------------------------------------------------

スマートフォン決済サービス利用者100人に利用している場所を聞いたところ(複数回答可)、「コンビニエンスストア」が47.0%と最も多かった。これに「オンライン決済」(38.0%)、「レストラン・飲食店」「スーパーマーケット」(18.0%)が続いている。

また、電子マネー利用者と知っている電子マネーサービスを選択した人(n=611)に、最も利用している電子マネーサービスを聞いたところ「Suica」が38.1%と最も多かった。これに「PASMO」(20.0%)、「nanaco」(12.4%)が続いている。

(マイナビニュース-  2017年12月13日)
-----------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ