お金についてのブログ

日常生活においてお金を節約する、お得を得るなどについて書いてみます。

タグ:ポイント還元率

楽天Edyが使いやすいとして
結構とりあげられます。

でも、200円につき1ポイント
つまりポイント還元率0.5%相当なので、
ポイントとしてはあまりオトクな感じはしませんね。

最初、そのことに気が付かなくて使っていたのですが、
あるときリクルートカードを使い始めたら、
ポイントのたまり具合が全然違ってびっくりしました。

やっぱり、小さい金額でも頻繁に使うものは、
集約してポイントが高いほうをつかったほうがいいなあと思いました!

楽天カードのキャンペーンで
楽天Edyに関連するものも結構あるのですが、
それほど頻繁ではないし、
条件があわないこともわりと多いのです。

楽天のこういったサービスは、
楽天カードを楽天市場で使う、
というスタンダードなのがいちばんいいと思います。

それ以外のリアル店舗では、
自分にあっている他のカードを使っても、
ぜんぜんよさそうですね。

--------------------------------------------------------------------------

楽天カードからチャージする場合はそのポイント(0.5%相当)もたまって還元率は合計1%になりますが楽天Edyは支払額200円単位でしかポイントが付かない点に留意が必要です。それよりは楽天カードで直接支払い、100円ごとにポイントを獲得したほうが効率的と言えるでしょう。

(日本経済新聞ー2019年5月20日)
-------------------------------------------------------------------- 

電子マネーは利用促進に
どんどん拍車がかかっている気がしますね。

促進するためのサービス、
たとえば、電子マネーを使うことで
なにかのクーポンがつくとか、
そういった感じのサービスが増えている気がします。

以前なら、お店は紙のクーポンがよく配られていたように、
いまは、お店のLINE@をダウンロードしてもらうための案内や、
QRコードが配られていますし、
お店で電子マネーが使える場合はその案内も忘れません。

電子マネー利用をはじめると、
それで決済できる手応えがないため、
なかなか緊張するものですが、
一度やってしまえば、その便利さに気づくはず。

そしたら次はポイント還元率を気にしたり、
キャンペーンに登録してみたり、
いろいろと世界が広がっていくと思います。

比較サイトなどの情報をちゃんと仕入れながら、
いろんな面での利用拡大に対応していきたいと思います。

--------------------------------------------------------------------------

電子マネーの比較では勘違い多発! ポイント付与率
電子マネーに限らずクレジットカードも含め、お得度を比較する時に間違えやすいのがポイント付与率とポイント還元率だ。ポイント付与率とは、「いくら使えば何ポイントもらえるか」を指す。100円の利用で1ポイント付与されるなら、付与率は1%だ。

一方、ポイント還元率は「1ポイントが何円に還元されるか」を指している。

お得度は「ポイント付与率」と「ポイント還元率」、どちらも見ないと比較できないというわけだ。

(@DIMEー  2019年4月21日)
-----------------------------------------------------------------------

クレジットカードで税金を支払えるやり方は、
以前はマイナーなものだったと思うのですが、
平成28年度の税制改正によって、
支払える範囲がひろがったのだとか。

知りませんでした。

単に要望に応える自治体が増えたのかと思っていましたが。

クレジットカード払いにすると、
そのカードのポイントを貯めることができるので、
大きな金額の税金ほどポイントが貯まるのですが、
クレジットカード手数料は必要なので、
ここの採算を考えないとかえって損をすることもあるとか。

車の税金など、カードで払いたくなる最たるものですが、
これはどうでしょうね。

ただ、「支払い忘れをしにくい」という点では
利害が一致しているので、手数料くらい払ってもいい人は、
検討すればよさそうです。

それと、クレジットカードでの納税による、
獲得ポイントと手数料の損得を考える場合、
使うクレジットカードのポイント還元率に注目しておくといいです。

一般的にはクレジットカードのポイント還元率は0.5%ですが
今では1.0%以上のカードも増えてきています。

例えば、楽天カードとかYahooJAPANカードは1.0%ですし、
リクルートカードは確か1.2%です。

--------------------------------------------------------------------------

平成28年度税制改正によって、クレジットカードで支払える税金等が増えました。各地方公共団体も地方税などをクレジットカードで支払うことができる体制になってきています。しかもクレジットカード払いによって、そのカードのポイントなどもためることができます。自動車税が約5万円だとすると、1%ポイント還元のクレジットカードを利用すれば、500円の還元。ちょっとしたランチを食べることが可能になってしまいます。使わない手はありません。

でも、ちょっと注意が必要です。実はクレジットカードで納付する際に、手数料が必要になります。この手数料は1万円ごとに税込78円。還元率1%のカードならば、22円分のおトク。先ほどのランチの例ですと110円ですから、ちょっとしたジュース類でしょうか。それでも、現金で納付するよりもクレジットカードで支払った方が損をしません。

(T-SITEニュース--  2017年9月20日)
----------------------------------------------------------------------- 

このページのトップヘ