お金についてのブログ

日常生活においてお金を節約する、お得を得るなどについて書いてみます。

タグ:札幌

さっぽろ雪まつり、
ものすごい寒さの中でも大盛況だったようで。

毎年、行ってみたいな~と思う反面、
こんな寒い中、もっと寒い札幌へ行くのは気が引ける、
と相反する思いを抱きます。

今年も、多くの方が雪まつりを
観覧されているのをテレビでみていました。

あんな寒い中では、
小銭を準備するのも大変というか、
手間がかかりそうですね。

実際には、電子マネーが広くカバーされており、
WAON、nanaco、SAPICA、Kitacaなどの電子マネー、
そして、Quicpayが利用できたのだとか。

電子マネーレシートを持参したり
チャージしたりした人向けの
抽選会イベントなどもあったそうで、
電子マネー利用促進の取り組みと、利便性アップで、
会場で楽しんだ人にはとってもいいイベントになったことでしょう。

--------------------------------------------------------------------------

さっぽろ雪まつり期間中、大通会場とつどーむ会場の店舗では、WAON、nanaco、SAPICA、Kitacaをはじめとした交通系電子マネー、QUICPayが利用できた。

大通6丁目会場内には、「電子マネーあったかスペース」が登場。同スペースでは、会場内の対象店舗で電子マネーを利用して、1,000円(税込)以上の電子マネーレシートを持参、もしくは電子マネー3,000円をチャージした人は抽選会に参加できる取り組みを行った。

(ペイメントナビ(payment navi)ー  2019年2月13日)
----------------------------------------------------------------------- 

イオンの電子マネーWAONは、
ご当地WAONやコラボWAONを積極的に発行していますが、
今度のコラボは、札幌の雪ミクだそうです。

さっぽろ雪まつりが開幕するのにあわせて、
電子マネーブースや、千歳空港内のスペースなどで、
15か所で先行発売されるとか。

ミクWAON、好きな人には受けそうなので、
15か所の取扱所ではみんな利用するでしょうね。

こういうイベントのWAONは思い出に残るのでわたしも好きです。

ちなみにこのWAONも、利用額の0.1%が寄付されるそうです。

1枚300円ですので、記念として1枚購入しておくのもいいかも。

私のWAONは地元のご当地WAONで、
やはり利用額の0.1%が地元の団体に寄付されるようになっています。

--------------------------------------------------------------------------
札幌市と流通大手イオングループのイオン北海道(札幌)、マックスバリュ北海道(同)は23日、電子マネー「WAON」のご当地版「SAPPORO雪ミクWAON」を発行すると発表した。

札幌生まれの人気キャラクター・初音ミクの冬季版「雪ミク」がカードにデザインされ、1枚300円。利用額の0・1%が、さっぽろ雪まつりや市の観光振興事業に活用される。

(北海道新聞----  2017年1月23日)
-----------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ